yoga/pilates/conditioning

imok’s Mentershipを受講

猫背改善スタジオ「キャットバック」オーナー、imok株式会の代表取締役小林俊夫さんのメンターシップに参加してきました

カラダづくりの基盤となるボディーワークの良さを改めて実感できた4日間

ただ大きなポイントは一つのメソッドのある部分だけを切り取っても、365日美味しい料理は提供できず、身体も変わらないという事

「大根で美味しい料理を365日作れますか?」という問いかけから始まりました

大根がそんなに好きでない私には無理です・・・。というか、栄養全然足りません!みたいな事ですね。

トレーナーとしての生涯学習は当然ですが、あらゆる視野や体感を持つと様々な運動の多様性が必要だと理解できます。

それは、ヨガやピラティスやウェイトトレーニングなど何か一つに絞ることなく、広い視野で見る世界

「why」と、「what」と、「How to」の目的を明確にすること。

この1年間様々な勉強をしながら自分が強く感じ、共感し、辿り着いた場所がここにもありました

少し脱線しますが、アパレル時代、VMD(ビジュアルマーチャンダイジング)の担当をした時、本社のEさんに「何で?何で?星人シゲちゃん」とよく言われていたのを思い出しました・・・

視覚からアプローチするVMD、テーマ性、トレンド、季節感、の提供を販売員が言わなくても伝わるアプローチ。そこには商品の畳み方、並べ方、色だし、物量、導線など様々な角度から行います。

スタッフや各店舗への落とし込み、統一性の為に、「why」をしつこく質問していた〈何で?何で?星人〉の私にはピッタリな考え方

 

小林さんが学ばれ続ける莫大な背景の情報量から、更にマシンガンのように次々と出てくる言葉の数々

既に充分な情報のテキストなのに、上書きで一杯になり、書き留められなかった部分も多々あります

これは小林さんからの健康産業における運動指導への熱い思いが詰まったメッセージ

そして、ボディーワークのベースには必須の感覚システムへの気づき

五感に加え、平衡感覚、深部感覚。

この世に誕生して当たり前に過ごす日々の中で忘れがちな自分の中のミクロの部分

皮膚よりも、もっと深い体の中で起きているカラダのメカニズム。

改めて体の奥深さ、生涯学習の覚悟、そして一緒に学んだ方々の意欲の高さや共有できた時間は楽しくて、あっという間でした

 

何よりも細やかなサポートをして下さった講師の小林さん、アシスタントの古城さん、鈴木さん、ありがとうございました

2017-03-14 | Posted in yoga/pilates/conditioningComments Closed