yoga/pilates/conditioning

人としての機能を上げる

週末は根城祐介ATC(アスレティックトレーナー)のセミナーを受講しました。

綺麗なロケーションで、視野を広げてグローバルに考える健康

『パフォーマンスを上げるために』というタイトルでしたが、根城ATC曰く、

⚫︎一般人もアスリートも人間であること、3Dで生きていること、同じ筋肉&骨を持つ限り全く同じ。

この3Dの動き=あらゆる方向の動き

日常生活を考えると、立つ、座る、歩く、など大抵が前後の動きがほとんどですよね。子供の頃は左右にスキップしたり、股関節もあらゆる方向に使っていたはず。

その為の、あらゆる方向やあらゆる動きのトレーニングが大切。

そして二足歩行の人間としての足裏の接地面。母指球、小子球、踵骨での安定

ヨガでもお伝えしてる内容

できてるつもりが出来てなかった私…

椅子から立ち上がる度にセラバンドが抜ける連続(汗)。でも終えた後に感動の変化がありました!

また、

⚫︎無駄な可動域を増やすより、使える(コントロールできる)可動域の重要性

⚫︎呼吸

⚫︎筋肉の収縮&弛緩の切り替えができるか(立ち上がりの初動時が一番力発揮が求められ、高齢者の方もこの時に筋力の収縮が瞬時にできる事が理想)

⚫︎体幹、足部、首回り、肩回りなど正しいポジションを保ちながらコントロールする事

パーソナルのお客様は様々な症状や改善目的で来られる方が多いので、今回の内容を踏まえたセッションが出来るのが楽しみです

姿勢改善、冷え、肩凝り、腰痛、筋力アップなどを改善し、日常を健やかに過ごせるサポートをしていきたいと思います。

貯筋という言葉があるように、45歳過ぎる頃から筋力の低下やホルモンバランスの崩れなど、セルフメンテナンスで改善できる事は沢山あります!お気軽にお問い合わせ下さい

2017-06-12 | Posted in yoga/pilates/conditioningComments Closed