yoga/pilates/conditioning

アスリートヨガ

今、男性やアスリートへのヨガやピラティスが注目されています。

実際、男性トレーナーからヨガを教えてほしいという要望が多くなりました。

今、ヨガ×医療も研究が始まっています。

臨床的効果としては、柔軟性、バランス、疲労度、コルチゾール減少(ホルモン)、更年期症状、マインドフルネス、幸福度

ヨガの医学的効用に関する論文の中で、

ヨガとは、ポーズ、呼吸法、瞑想を含んだプログラムを指すことが多く、やはりゆったりとした深い呼吸により自律神経を整えるのはヨガの大きな効果。

アスリートにおいてはフィジカルだけでなくメンタルのリカバリー(回復)にも期待できます。呼吸により、睡眠の質が高まったり、集中力が増すなどマインドのコントロールに繋がったり、副交感神経が一定に保たれる事により栄養吸収も高まります。

一般の方とは違い、柔軟性だけではなく、パフォーマンス向上や怪我予防、とりまく環境や現状把握をし、競技内容により求められる内容が異なる為、フレキシブルな対応が必要である事。

今回の養成同期メンバーの中には、雪上スポーツの元プロスノーボーダー、スキーヤー。水上スポーツのサーファー、陸上ではサッカートレーナー。背景は様々でした

そして、偶然の再会がありました!これまでトレーニングのセミナーで知り合いになった脳さん。偶然の再会は今回で2度目。似た者同士なんですね。きっと、、、

脳さんはアスレティックトレーナーとして、中学生や高校生のバスケットボール選手のリハビリやトレーニングをされています。

そして、マリノスのトレーナー田中さん。コールドプレスジュース会社を運営されているので発売が楽しみです。栄養コンシェルジェもご一緒でしたが、かなり面白い方。何よりシャバーサナに入ると秒殺でイビキをかくほど、オンとオフの切り替えが素晴らしい(笑)

見習わなくては!

講師は日本にヨガを広めた第一人者のケンハラク氏

スポーツドクターで産婦人科医の高尾美穂先生

ヨガっぽいですよね。実は10年以上ヨガをしてきて初めて受けたケンハラクマ氏。いわゆる教祖様的な方なんですが、哲学を聞くならこの方なのかなと漠然と思っていたので良い機会でした

ヨガ=生き方

深く、語りすぎると怪しい人になりそうなので、書き留めるのは避けますね

様々なアジャストメント

全77ポーズ

最終日は試験がありました。合否は改めて通知が来ます、、、

ヨガ×スポーツ

呼吸の大切さ、色々シェアしていきたいと思います。

2017-06-20 | Posted in yoga/pilates/conditioningComments Closed