2017-09

青空ヨガの日時変更について

秋晴れが続いて、朝晩の冷え込みも増してきましたね。

9月も今日で最後。

10月は青空の清々しい風の中でヨガを企画しています。当初の予定だと場所に問題がありましたので、21日の土曜日に開催いたします!

のんびり、風を感じ、自然の空気を吸い込み、深い呼吸と動きを連動したいと思っています。

お時間ある方は是非ご参加くださいね

2017-09-30 | Posted in informationComments Closed 

 

友人の手料理

少し前ですが、話すことが山盛りある友人宅へ行き、美味しい手料理をご馳走になりました☺︎

いつも素敵に美味しく、キュートな彼女には癒され、笑わせてもらっています

そろそろ料理を再開しなければ、適当なお料理を続けていると、丁寧さに欠けている自分にふと気づきます…反省

ごちそうさまでした

2017-09-25 | Posted in dailyComments Closed 

 

日本舞踊

居相美和子さん

日本の伝統芸能を若い世代の方にも知っていただきたいという事で、呼吸のプロ、大貫崇アスレティックトレーナーよりご紹介いただきました。

伝統芸能という敷居はありましたが、奥深さもあり、所作も身につけられ、背筋が綺麗になりそうです。

身体の使い方もまた求められるので、色々な刺激にも良さそうですね。

着付け教室もされてるそうですので、ご興味ある方はスタジオにパンフレットをご用意しています!是非ご覧くださいませ

2017-09-25 | Posted in dailyComments Closed 

 

マッサージの効果

夏からスタートした「ゆずレスキューローション&ゆずソルジーマッサージ」(今後メニューや料金は変更の可能性がございます。詳しくはお問い合わせください)

これは元々、高齢者施設でのケアから誕生したマッサージ。病前病後のケアや、エステではなくセルフメンテナンスをコンセプトに展開されている「ゆらぎスタイル」の商材を使用しています。

私が、深く共感したのは「ホリスティック」に未病の状態から整える予防医学として、またにケアを行う事により「気づき」が生まれ、依存ではなく自立に繋げるコンセプトであること。スタジオで行っている機能改善(膝痛・腰痛・足関節の制限)においても、また深部リンパ、筋膜リリースと、あらゆる有効性を感じ取り入れました。

人の手によってできる事、そのメリットはそれだけに留まらず、足底からも、また皮膚や粘膜に張り巡らされているセンサーへの刺激も、日々の動作の中において大切な「触覚」や「固有覚」を刺激する事に繋がるので、施術を受けたご本人も叫ぶほど(大げさ?)驚く変化が訪れます。

この施術をきっかけに、自分の身体についてより興味と理解を示し、トレーニング(筋トレを指すわけではありません)される方が増えた事は非常にうれしく感動しています。

女性の場合、「冷え」「むくみ」「セルライト」「ホルモンバランスの崩れ」「アーチの崩れ」など様々な症状が起こります。通って下さる皆さんが心地良く過ごせるサポートの方法を運動×栄養×アロマ×マッサージと、その時に必要な取捨選択に活かされればと思い、やっぱり日々勉強です(笑)

さて、では分かりやすく変化された例をご紹介しますね

デスクワーカーのお客様

冬は下半身の冷えに悩まされていたそうです。特に膝上のむくみが取れ細くなっています。プライベートでトレーニングを受けていただく中で、足部の機能改善も行っているので一度マッサージにて癒着した筋肉のリリースや筋腱移行部への刺激反射で筋バランスを整えました。マッサージを施す事で私自身が、お客様の膝下のリンパの滞りも理解でき次回以降の足部へのアプロ-チ、呼吸機能の改善に繋がったのと、翌日も足底の良い感覚があるとご連絡をいただけました。

 

長年の悩みである、下肢の冷えや浮腫み、足首の硬さなどの自覚症状があるお客様。マッサージ前にスクワットをしていただきました。スクワットにおいては全てを筋肉の硬さだけでは評価すべきではないのと、少し腰部が反りやすい傾向にある場合に足首の硬さはよく見られるので、運動ではその他にもアプローチ方法はあります。こちらも筋肉(筋腹)などへのマッサージは行っていないにも関わらず、反射神経の刺激や筋緊張を触圧刺激で緩めた事で柔軟性に変化が大きく出て、血行も良くなりました。

以前施したお客様は長年なかった足首ができた(ありました)と喜んでくださいました(笑)

 

下半身のリンパの滞りは、筋力の少ない女性や・座りっぱなしのデスクワーカー・呼吸機能・交感神経など様々な要因が重なりますが、こちら深層リンパの刺激によりすぐに結果を感じていただきやすいと思います。

また、足部機能に関しては、筋肉の緩みで可動域は一時的に改善しますが、足首の硬さがある場合、そこから正しく運動する習慣をすることが大切です。足部に関しては、股関節や足首や踵の位置など、きちんとした評価が重要になります。

週末は「足部の機能改善&評価に基づくBodyworkアプローチ」を受講してきました。足部には人体の25%もの骨で構成され関節も多い部位なので、その基礎を理解するには少し時間がかかりますが、それだけ効果の可能性もあり重要なパーツです。これまで学んだものと複合的に理解して、実践に活かしていきたいと思います。

2017-09-25 | Posted in conditioning care, yoga & pilates&trainingComments Closed 

 

美ラボ記事 毎日3分ねじるだけ!くびれができる&便秘解消のヨガポーズ

記事はこちら

2017-09-24 | Posted in yoga & pilates&training, 美ラボ記事Comments Closed 

 

涼しくなったので

ユーカリをまた新調しました!今回も兄の家から沢山もらって麻ヒモで結んだだけ(笑)

ぐんぐん成長してるみたいなので、定期的にもらいに行かなければ

 

涼しくなると花を飾りたくなります

暑い夏はお花がもたない。そんな理由で控えてました。

今回、花屋さんも連休明けだから少なめでした。

ケイトウ。秋だなって思う花です。

あとは寒暖の差がある場所に色づく紫陽花が少しずつ入荷してました

彩り豊かな日々を過ごしたいですね〜

2017-09-20 | Posted in dailyComments Closed 

 

咬合と前庭と視覚と姿勢

少し難しいタイトルですが、少しずつ自分の伝えたいことをこれからはブログで綴りたいと思います(気長に・・・)

 

スタジオコンセプトは『ココロとカラダが豊かになれる場所』です

健やかに過ごすヒントが詰まった場所。

この‘’健やか‘’って、ヨガやピラティスだけでは難しいことが多々あります(パーソナルトレーニングでの依頼に対し)

それは慢性的な痛み(肩こり・膝痛・腰痛)であったり、不定愁訴など諸々

勿論、長時間のデスクワークなど不良姿勢がもたらす原因もありますが、筋肉の長さだけではない事も多くあります

そのことは自分の過去の体験に基づいても感じてきました

 

そこからのヒントが

NASM-PESなどのトレーナーの資格を取得

リンパマッサージ

アロマセラピー

運動療法セミナーに参加し、治療家やトレーナーの方々と学び続ける事に繋がっています。

 

なぜなら、まずは原因を探るスクリーニングやアセスメントという評価がとても重要なのです。

何かが起こった時の対処療法ではなく、根本解決や原因の推測が、その後の‛健やかさに’繋がると思うから

治療家に任せる前に、指導者の理解力がこれからのヨガ業界には特に必要だとも痛感しています。

 

先日、帰国後のはじめてのセミナーはお世話になるH.P.I岡本さん主宰

「姿勢と運動処方との関係」~理学療法士 鈴川真理~

この日、桜通り歯科クリニックの松浦敦先生・弟さんのまつうら歯科の松浦崇先生・谷町眼鏡店の神田さんも参加されていました。整形外科に勤めていた経験のある岡本さん、そして鈴川さん。

画像に含まれている可能性があるもの:2人

各専門分野のプロフェッショナルが、他分野を学び、身体の繋がりを共有し、治療や運動療法に繋げるディスカッションが熱く繰り広げられていました。でもこの方々はディスカッションだけでなく、チームとなってクライアントの健康に尽力されているのが一番素晴らしいんです!

東京のセミナーに参加し松浦先生にお会いした時、

咬合とパフォーマンス・呼吸・頭部前方変位などの不良姿勢・ホルモン分泌との関連性を聞いた時、感動して、自分の中で思い当たる節もあったので、そこから私も咬合治療を行っていただいています。そして心強い岡本さん、神田さんとのサポート体制もありつつ、体の繋がりをまた絶賛実体験中!

友人や家族や中にはクライアント様もご紹介していますが、先生の相手に対する説明の仕方に毎回頭が上がらない思いになります。そこには時間も労力もつぎ込む‘想い’がある。そのことは先生とのやり取りの中でも毎回感じる事。歯科と医科の繋がりを提唱される歯科医はいない。そこには先生が休みの度に勉強され続けるからこそ提唱されているんです。

私の身内を例にあげると、

昔から首をすごく鳴らしたり違和感ある動きをしていて、顎関節症、冷え性、免疫の弱さがありました。呼吸も少し浅く、頚椎の歪み(捻じれや側屈など)と下顎の関係を知っていたので、診ていただいた所、やはり頚椎の歪みと噛み合わせに問題あり。

 

また、運動療法をする立場の人間として、今は感覚器(深部感覚)や脳の支配が大きく関係していることを日々痛感します。

ですので、姿勢の悪さは筋バランスだけでなく、

呼吸機能、それによる舌の位置、

視力だけでない眼(目で見たものが脳で処理されアウトプットされ、左右の見え方に傾斜が起こる場合も存在してしまう)

足裏の感覚受容器など。

実はカラダの繋がりは深いもの。

 

パーソナルトレーニングでは、その方にとって最適な事が今は何なのか?それらを踏まえ行っています。

そこには、ヨガやアロマなどのリラックスできるもの、ピラティスのコアの安定や脊柱の機能的な動かし方、筋膜リリースのマッサージ、動作パターン改善の為の自重トレーニング、ダンベルなどの軽い負荷などご用意しています。

これからも、各専門分野の方々と連携も行いながら、サポートしていきたいと思います。

 

次回からはもう少しわかりやすい言葉で説明していきます!

*マッサージに関しては別途料金となります。詳しくはお問い合わせくださいね

 

 

2017-09-15 | Posted in yoga & pilates&trainingComments Closed 

 

ピントの合った綺麗な写真を撮るように

NYで習った内容と、先生のわかりやすい表現や言葉がたくさん記憶に残っています。

その中でも、『ピントのズレた写真を何枚も撮るより、綺麗な一枚を撮るようにポーズをしましょう』という言葉が好きでした。

いわゆるアライメント。綺麗に見せる為でなく、身体を痛めないヘルシーなアライメントが大切。だって、私達の身体は崇高なものだから!ヨガのアドバンスポーズは身体の構造を無視したものもあります。

チャレンジも大切だけど、ヘルシーな範囲で。私も、自分に頚椎の後弯を知って以来、更にこの気持ちが増しました。

正確性が高まると必要な筋力、バランスの取れた筋の長さ(柔軟性)など、日常の不調も軽減されやすくなります。

パーソナルやデュエットレッスンでもYogaを組み込んでいますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

2017-09-12 | Posted in yoga & pilates&trainingComments Closed 

 

季節の変わり目は栄養と休養を

皆さんへの土産はチョコレートです。(糖質も大切な栄養)

なんとなく、疲れ気味、肌の乾燥で肌荒れぎみ、気温差で風邪気味、と夏の楽しかった思い出とは反対に、秋の気温差に身体がうまくついていかない。

そんな方も何となく増えてきました。

季節の変わり目は、身体のエネルギーが色々と消耗され、栄養はいつも以上に必要となります。風邪をひくのは気温差だけでなく、気温差に耐える栄養状態が必要でもあります。

脳に必要なブドウ糖は主食で(茶碗1膳×3杯)たんぱく質は体重1kg辺り1g、体重50kgだと5g(肉300g.卵3個相当)は最低でも必要だそう。皮膚を守る栄養素は更にここから別途必要なのと、皮膚に栄養を届けるには副交感神経が大切な要素だとか。

疲れていると感じたら、無理をせず、ゆっくり過ごすのも大切な選択肢のひとつですね。

リストラティブヨガのヴィパリータカラニはおすすめです!

自分を労わる手段は色々持っていると良さそうです。

2017-09-11 | Posted in yoga & pilates&training, 栄養Comments Closed 

 

ニューヨークの食べ物

実は苦労した食事

最初は日本食を自炊でなんとか乗り切りましたが、ネタも尽き、作る時間も限られて

ランチはどこも長蛇の列で、時間が足りない・・・

そして、相当高い物価

メキシカンマンゴー$3

スーパーだと99セント!糖分補給に一番食べたフルーツ

日差しが強くてバテた時にはヨーグルトアイス(ブルーベリーのせ)

甘過ぎず、さっぱりしてブルーベリーたっぷり。マーケットでもブルーベリーは日本よりお手ごろでたっぷり。

ヨーグルトもかなり濃厚で少し高め

JUNIOR’Sのザ・ニューヨークチーズケーキ

ひと切れもボリュームが凄いので少しずつ食べました

ランチにwhole foodsのバイキング計り売り、高くて大失敗…

スープはクラムチャウダーやミネストローネが美味しかった

南インドのドーサ

先生お勧めのお店に皆さんと

私的には一番好きな味はやっぱりアジア(笑)

ジョーズシャンハイニューヨークへ!

安くて美味しくて賑やかでした

 

帰国してからは、毎日お肉。タンパク質しっかり補給してリカバリー中です

2017-09-04 | Posted in dailyComments Closed