yoga & pilates&training, 栄養

栄養学~糖質の成分の種類~

関係ないですが、久しぶりの焼肉さつまへ

友達の誕生日のお祝いです。いつも『やっぱ肉でしょ!』と男前な肉食系女子。私からしたら羨ましすぎるバイタリティーの持ち主!

とにかく一緒にいるとゲラ笑いばっかりしてしまう。楽しい楽しいお友達。よく食べ、よく動き、よく笑う人。今年も良い年になりますように〜

 

さて、今回は糖質の成分により脂肪量が変わるお話しになります。

糖質カットの食事管理が流行している時期もありましたが、糖質の中でも成分によって皮下脂肪の付き方がどれだけ違うか?をご紹介します。

 

ブドウ糖(穀類、いも類、豆類など)

果糖(果物、砂糖、ジュースなど)

 

の場合。同じ糖質でも種類が異なります。

仮にこれらを1日約200kcal過剰に摂取して10週間生活した場合、果糖類の内臓脂肪は約3倍も皮下脂肪が多くついてしまうというリサーチがあるそうです。3倍ですよ・・・。大好きなフルーツも摂りすぎは要注意!甘いものがやめられない場合の糖質の影響は想像できますね。

ご飯食べないでお菓子を食べてもカロリーという考えだけでなく、後の皮下脂肪に顕著だという結果。時々思い出すことにしましょう~

 

さて、次回は食欲の制御、満腹の制御、肥満による満腹の不感などをご紹介しますね!

2018-04-23 | Posted in yoga & pilates&training, 栄養Comments Closed