conditioning care, information

「ココロとカラダの声を聞くvol.4~呼吸コンディショニング&呼吸セラピー~」概要

昨日に引き続く12月9日(日)のWSの内容ご紹介で、今日は「呼吸コンディショニング&呼吸セラピー」について

呼吸については昨年からずっといろいろな方から学び、クライアント様には必ず最初のコンディショニングに行う呼吸チェックがあります。

呼吸を正常ににして運動機能の修復・向上を目指すものがアスレティックトレーナー業界でも注目されています。

以下

Dynamic  Neuromuscular Stabilization:姿勢や運動制御を司る神経系が発達する最初の1年間に着目し、運動器系の機能不全を改善していく神経発達学に基づいたリハビリテーションの学問。全ての発育段階のポジションはエクササイズである!)

Postural Restoration Institute®:人間の身体は左右非対称である)

 

 

『呼吸が正常化されなければ動作は改善されない』~Dr.Karl Lewit~

ここには大きな意味があります

・動作×呼吸、姿勢×呼吸、は大きく関係しているから

・1日2万回以上する呼吸

・飲食無くても2~3日生きれても呼吸をしないと10分持たない

・意識的にも無意識的にもコントロールできる唯一の器官(自律神経)

生活の中にある様々な要因で、約9割の人が呼吸を正しく行えていないと言われています。

ここにプラスして関係してくるのが骨盤底筋群!女性なら誰しも気になる場所ではないでしょうか?

骨盤調整は外と内両方のケアが大切になります。

近頃では、尿漏れ、骨盤臓器脱などの悩みを抱える方も少なくありません。

前回女性ホルモンのワークショップでも骨盤底筋の簡単なトレーニングをご紹介させていただきましたが、今回は呼吸と組み合わせることで

更に骨盤底筋トレーニングが活性され、ポッコリお腹などスタイルにも嬉しい変化が期待できると思います。

特に女性に多い反り腰姿勢の方は必見です(骨盤底筋だけでなく、呼吸機能の低下、腰痛なども関係)

 

腰痛や肩こり、不眠、心身の不調やケガから身体を守るために、本来持っている機能を最大限に生かして

心地良い毎日が送れる「呼吸セラピー」を是非体験してみてください。

 

そして、もう一つ「呼吸コンディショニング」

緊張からカラダを解き、ココロまでも変化する呼吸を整えるための「さする、なでる、ゆらす」などの方法を皆さんと実践していきます。

たったそれだけで、背骨の緊張がゆるみ、肩こりが嘘のように溶けていく!?

日頃、クライアント様に提供している内容の一部を皆さまとシェアして、

セルフトリートメントケアと同様、この方法を習得して、大切な家族やパート―にも生かしていただけたら嬉しいです。

 

2018-11-28 | Posted in conditioning care, informationComments Closed