2019-02

花粉症対策に

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぽかぽか春の陽気に

個人的にハーブとアロマにヘルプしてもらった1週間でした

さて、暖かくなると気になるのは花粉飛散…ですね。杉花粉症の方も多いので、花粉症対策のハーブとアロマをご紹介します。

【ハーブ】ジャーマンカモミール、ネトル、ペパーミント、エキナセア

【アロマ】ユーカリラディアータ、ペパーミントなど

後は、ビタミンD3サプリなどがお勧めです

今日は早速、花粉症のお客様がマスクをつけていたので、ユーカリラディアータの精油をつけたティッシュを鼻の中に入れて帰宅していただきました。楽になったみたいで良かった〜

自分らしく、健やかに動ける。毎日が、ちょっと快適になる。

grande forêtは、そんな日常を取り戻す、ココロとカラダづくりを目指します

 

素敵な週末をお過ごしください

2019-02-23 | Posted in dailyComments Closed 

 

組み合わせの新しいヒント(老虎菜)

美味しかったのと中華×ハーブの組み合わせにとっても良い刺激をいただいたのでご紹介します

新しいアイデアや常識に囚われないって楽しいなぁ~

摂津本山から徒歩15分くらいの場所にある「老虎菜」さんへ

お料理ひとつひとつにきちんと個性があるお店

 

鴨肉のローストはクレソンと

お料理の先生でもある裕美子さんが上手に取り分けてくれた鯛の鱗がパリッパリ!

黒酢の角煮にはクコの実とミント!?

みんな大好き油淋鶏もなんと骨付き~

モンブランにはタイムが添えられて

杏仁豆腐にはタピオカと、〇〇(名前を度忘れしました・・・)

4人くらいで行くと色々食べれるのでお勧めですよ

実はここにアップしていないけど食したお品があと3つくらいあります・・・

お腹も、心も満たされました。だからカロリーや量は良しとする。次の日からコントロールすれば良いのです!(笑)

 

2019-02-09 | Posted in dailyComments Closed 

 

ハーブやアロマグッズの販売を始めました

少しずつご紹介させていただいている植物療法(フィトテラピー)

ハーブティー、タンチュメール(ハーブの濃縮液)、デリケートゾーン専用ケア剤、チャクラバランススプレーやバスソルト、アロマの1滴からの販売が始まりました。

PMSなど自律神経や女性ホルモンの調整にも自然ぐすりがサポートしてくれます。

近ごろは、お客様の喜びの声が何より嬉しく思います。

病院に行くまでではないけど、ちょっとした不調がある時はカラダからのサイン!そのサインに耳を傾けながら早めに日々調整することが健やかに日常を過ごすヒントだと思います。

お客様の声を少しだけご紹介しますね

★肩凝りや首の張りが辛い方は【ウィンターグリーンやジュニパーベリー】というアロマをキャリアオイルに混ぜて塗布するだけで直ぐに改善

★タンチュメールで悩んでいた睡眠障害を改善、眠る時間が少し不安だったけど解消されて嬉しいです!【バレリアン】

★生理前のイライラなどPMSの改善【メリッサ】

女性はホルモンの影響を強く受けながら、育児や家事、仕事などのバランスを保ち、その中で育まれる、母性、包容力、芯の強さ、感受性の豊かさなど持ち合わせる生き物。そんな頑張り屋な女性達に植物療法(フィトテラピー)はそっとサポートしてくれる強い味方になっています

2019-02-09 | Posted in informationComments Closed 

 

立春から花粉症予防を始めよう

一昨日から暦の上では春への切り替わり

さまざまな新芽の季節ですね

花屋さんはチューリップ、ヒヤシンス、ムスカリなど球根のお花がたくさん並んでました。ワクワクします❤︎

そして黄色のボンボンをつけたミモザのお花が綺麗な季節。ミモザの話から花粉症のお客様がミモザの花粉も拒絶してしまう事を教えてくださいました。(危うく今年も飾るところだった…ホッ)

そう、春は花粉が辛い季節でもありますね

花粉症などアレルギー本がまたひとつ増えました。Amazonは欲しいものがすぐに手に入って便利だけど、この頃は図書館を利用するようになりました。書籍に関しては、その都度必要だと思った内容をPCに箇条書きすると手元におく本は最小限で良いんです。

モノも情報も選別しながら自分に必要な分だけ手元に置く。ついつい、お客様にはたくさん情報をお伝えしてしまうのが私の課題でもあるので、整理してお伝えするように心がけますね・・・

さて、花粉症などのアレルギーは炎症反応のひとつでもあり、腸内環境を整える事が大前提になります!(腸内環境ファースト)

そしてビタミンやミネラルなど大切な補因子は、遺伝によって元々少ない人もいると言われているので食事だと補いきれない部分をサプリで効率的に摂取することが良いと考える場合も時にはあります。

フィトテラピーの花粉症予防には、エキナセア・ネトル・ジャーマンカモミール・よもぎなどのハーブを推奨しています。

また、アレルギーの場合は炎症反応を鎮める為に、γ-リノレン酸を多く含む月見草オイルやルリジサのオイルは有効で、これらはリウマチなどの自己免疫疾患にも良いと言われるので、エリテマトーデスの私はオメガ3と合わせて飲み続けています。

体の中で起こる炎症反応は自律神経を乱す原因のひとつ。身体が緊張している(交感神経優位)と指摘されてきた私。タンパク質などの食事を摂取しても体に吸収できないのは、いつも自律神経を乱す生活をしてるのでは?(副交感神経のスイッチで栄養は吸収されるので)と指摘され、正直凹む事もありました。自律神経の影響は消化吸収に大きく関係してくるため、食べても食べてもホルモンをつくる材料が吸収できず自分自身で作ることができず薬が手放せなかったんです。

この事に気づかされた昨年末が大きな転機となり、そこから色んな事が好転してきたのです。この炎症反応については、またどこかでご紹介しますね。

そしてビタミンD!日光浴が効果的と言われますが少量なので、ビタミンD³のサプリメントなどが注目されているそうです。干シイタケも美味しい出汁になるので、煮物を食卓にも加えたいですね。

 

先日フィトテラピースクールの主宰である森田先生の講義で庭にある杉の木を見ながら花粉の話になりました。

スギ花粉が猛威をふるう。

そんなCMを目にしながら、いつか花粉症の友人は露天風呂から眺めた杉が生い茂る山に発狂していたっけなぁ〜。。。

でも、森田先生曰く、『杉の木は酸素を取り込み光合成をし糖を作る中で、オゾンなど環境汚染された空気を取り込む訳なので杉の生命を維持する為、防御する為に驚異的な花粉を生産している。人間に害を及ぼす為でなく自分を守る為のものなんだよ』と。

その内容に納得でした。アリゾナの自然を見てから地球上において人間なんてちっぽけで、自然との共存がいかに大切なのか痛感。

便利になりすぎて、忘れてしまっていること。そんな忘れ物を拾ったアリゾナの旅だったんですよね

この頃の自分のテーマは『自然に敬意を。自分と地球に優しく。』笑

花粉とも上手に付き合っていけるように、まずは体の中のコンディショニングケアをサポートさせていただきたいと思います

2019-02-06 | Posted in yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

グランドキャニオンからラスベガス戻り

帰国して随分時間が経過しましたが、

続きを…

グランドキャニオンへ

雪がうっすら残ってるけど快晴

何億年もの地層。この地層の間をヘリで周るツアーもあるそうですよ〜

そこからルート66へ

この辺りは観光客用に写真スポットが諸々ありました アメリカの貨物車は長〜い

そして戻ってきたパリスホテルは別世界でした

2019-02-05 | Posted in dailyComments Closed