daily, 骨盤底筋

女性の健やかな日々をサポートする骨盤底筋

尿失禁ケアセラピストになって約半年が経過

この講座を受講した理由は

✔️自分の身体を自分で理解する事

✔️この悩みを抱える女性が相談しやすい環境づくり

✔️予防の為の骨盤底筋の使い方啓蒙活動

諸々あります。

 

現在は、モニター様にご協力いただき骨盤底筋の状態の改善に取り組み、
女性がいくつになっても健やかに過ごせるサポートの準備を行っています。
モニター様を通して実感した事は、骨盤底筋の周囲に存在する筋膜へのアプローチは絶大だという事

骨盤底筋トレーニングの感覚が分かりにくいとおっしゃるお客様に施術させていただいた所、
「わかりやすくなった」との声!

骨盤底筋は筋膜まみれだと教えて下さった筋膜のプロTRIGGERの半田瞳先生
その他ににもたくさん学ばせていただき今後に活かせる事を日々発見しています

来年より一般の方にもご利用いただく準備段階ですのでまたご案内します!

「カラダスクール」~女性が自分の体の理解を深めよう~バージョンもスタートします

骨盤底筋にまつわる身近なご相談だと、
●ジムに通っていたけど、臓器脱オペをされた50代
●誰にも言えないけど走ったら尿漏れする40代
●咳の度に尿漏れしてしまう40代
●くしゃみで突然尿漏れを経験した私!?(ちなみに講座に申し込んだ直後に経験してタイミングが良すぎでした…)

・誰にも言えない

・どこに行けば良いか分からない

・そのうち治る?と思い時間だけが経過してる

そんな女性が多くいるように感じます

症状によっては医療機関(泌尿器科など)の受診をお勧めしますが、

尿漏れには骨盤底筋を鍛えましょう!

では、

骨盤底筋の役割を確認しましょう

✔️臓器を下で支える
靭帯や筋膜なども一緒に支えていますが、骨盤の底は空洞になっているので、底から骨盤底筋群が支えています

✔️排尿・排便のコントロール
括約筋と言われる排泄の役割を持った筋肉も骨盤底筋には含まれ、女性の場合、中央に膣があり

✔️姿勢の安定化

✔️呼吸と連動
姿勢とも関係しますが、体幹の狭義に含まれるインナーユニットが呼吸をする際に協調して働きます。反対に姿勢が崩れた状態だとインナーユニットがうまく働かなくなる事もあるので、骨盤底筋トレーニングでは必ず呼吸の評価を行います

✔️性的な機能
骨盤底筋でも尿生殖三角と言われる坐骨から上半分

インナーユニット:横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋の4つがボックス状にあり、狭義での体幹(インナーマッスル)を構成している

 

骨盤底筋のトレーニング、骨盤底筋ヨガ、膣トレ、体操をやってるけど効果をいまいち感じられていない。

そんな方も多くいらっしゃいます。

骨盤底筋機能不全による尿漏れなどエクササイズによる改善率は17%〜69%とかなり幅広いそうです。

なぜなのか?

骨盤底筋を鍛えるにはコツがあります

また次回お伝えしますね~

2019-12-02 | Posted in daily, 骨盤底筋Comments Closed