nutrition

免疫力を高めるには…

ここのところ免疫や腸について本を読みあさっています(笑)でも、あまり遠回りをしたくないので栄養のプロに推薦図書を出していただいてなので、あまり色々な情報に左右されなくなりました。

身体の状態が良いとメンタルへもプラスに影響していくことを強く実感した2018年。久しぶりに再会する人には、何やら内側からの変化が伝わるようで、昨年は色んな意味で脱皮したのだと嬉しくなりました。

2019年に入り、お客様の目標が明確に掲げられてきました

ダイエット・体質改善・カラダの引き締め・筋力アップ・健やかに過ごすヒント!

何かをやり遂げたした人にしか見えない、その先にある未来を一緒に達成できるようにサポートさせていただく決意です!(暑苦しくならないようにしますノデ)

最近はインフルエンザが流行ってるみたいですね。

免疫力を高めるためには、アロマはティートゥリーをうがい用に使用して殺菌

ハーブの免疫力アップといえば

でも大切なのは

「腸内環境ファースト」免疫力の6割がここにあります

その1.ゆるんだ腸の穴を再びきゅっと締めてあげること

その2.腸内細菌の住みやすい環境を作ること

その3.腸内細菌を増やすこと

その4.ココロもカラダも温めることを大切に

その5.ビタミンやミネラルもだいじ

便のチェックしてますか?(笑)

ここでは書ききれませんが、パーソナルのお客様へは栄養指導をご要望に合わせて取り入れているのでお問い合わせください。

 

私の経験の中で今に至るまで、色んなことに取り組みました

ゴールに至るまでに試行錯誤するから自分と向き合えるし、経験が全て糧になる。でも、早く知っていれば良かったと思う事も勿論たくさんあります。

身近に、そんなより良い情報提供やアドバイスをしてくれる人がたくさんいれば素敵な世の中になるのでは?

そんな事を思いながら、一人の力では小さすぎますが、これからも少しずつお伝えしていきたいと思います。

正解は一つではないですし、選ぶのはその人次第

あとは、沢山笑って過ごせたらNK細胞も増えてハッピーになりますね。

少しずつスタジオ内を整えてます

2019-01-16 | Posted in nutrition, yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

糖質って悪者?

「糖質を減らすダイエット」

最近とても増えてきましたね。炭水化物を減らしておかずだけ食べてます!って言うクライアントさまも多いので。

糖質の「糖」って、炭水化物って、ごはん?パン?お菓子?

知ってるようで知らないかもしれない三大栄養素のひとつ【糖質】についてご紹介します

まず、

【炭水化物】=「糖質」+「食物繊維」

ごはん、お菓子、果物、お酒etc.など含まれます

【糖質】

ブドウ糖・果糖・ガラクトースなど3種類の(単糖類)が存在します

糖は一個のもから(単糖類)、たくさん繋がったもの(二糖類・オリゴ糖・多糖類など)がありますが、どんな糖質も身体の中に入るには

消化して1個の糖にならないと、取り込むことができません。

そして、脳のガソリンといわれる「ブドウ糖」は生きていく上で欠かせない糖のひとつ。

このブドウ糖の1日必要量は120g

お米1杯(120g)にブドウ糖40g含まれます。そう考えると1日3杯のお米で1日に必要なブドウ糖が摂取できるわけなので、仕事やお勉強などで使われブドウ糖であるお米では太りにくいと考えられます。(その他、パン、麺、イモ、豆類もOK)

それらのブドウ糖の制限をする食事を続けると身体中のタンパク質(筋肉、皮膚、粘膜、骨など)を分解してしまう=【糖新生】が起こります。大切な筋肉や骨を守るためにも、最低限のブドウ糖摂取は必要なんです。

大切なのは、正しい糖質制限は
ブドウ糖はしっかり必要な量を摂って、それ以外の糖を制限すること!

 

ダイエットを考えてる場合、炭水化物の中でも、人がエネルギーにできず中性脂肪に変わりやすいタイプのものとして挙げられるものを把握しておくのも良いかもしれませんね。

フルクトース(果糖)、砂糖、果糖ブドウ糖液糖、ブドウ糖果糖液糖、ガラクトース、乳糖

です。

これらはブドウ糖と比較して糖化反応を7~10倍引き起こしやすいため、ソフトドリンクやシリアル、お菓子、乳酸菌ドリンクにもこれらが含まれていたりします。砂糖、ブドウ糖果糖液糖などを減らすことが大切なんです。

2019-01-03 | Posted in nutritionComments Closed 

 

ルボア認定メディカルフィトテラピーアドバイザー

メディカルアロマを学びたいと思ってた時に出会った運命の1冊  

先日、ルボアフィトメディカルアドバイザーとなり、来月からは本格的なメディカルコースが始まります

 

そして、栄養&フィトテラピーアドバイスを取り入れて、クライアント様の嬉しい変化の声が続いています♡

この書籍には、女性性、少子化問題、介護問題、国の保険医療、様々な問題が見え隠れもしています。

 

密かに男性トレーナーへ推薦図書としてお勧めしていて、5日にはいよいよ男性トレーナー向けのアロマワークショップを開催予定です!

2019-01-03 | Posted in nutrition, yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

SLE(全身性エリテマトーデス)を味わい尽くす

SLE(全身性エリテマトーデス)を発症して5年。

色々な事がありました。
病気を受け入れ、未来を見据える。
そう思えた時、このことが私の人生を大きく変えることになりました。

 

細胞、栄養、運動、機能解剖学、ヨガ、ピラティス、植物療法、アロマテラピーなど、それらを深く学ぶたびに魂が揺さぶられる感動に出会えました(言い過ぎ?笑)

猪突猛進タイプと思われてるようですが、意外と冷静なところもあるんです。

歩けなかった時、色んな病院を転々としました。

所見の違いがクライアント様への人生に大きく影響する。私自身の体験の中で感じた事がたくさんあります。

本当は治療家になるため専門学校に行きたいと思っていましたが、当時のアパレルでしか仕事の経験が無い私にはその勇気がありませんでした。

ヨガインストラクターとして活動しながら、お客様の不調に答えられない時、知識の限界を痛感し、そこから休みの度に様々なセミナーに通うようになったんです。

 

自分の言葉に責任を持ちたくて、

そして、自分のカラダは自分で守ることを理解して、

すべては自分の内側が作り出していることにも気づき、

ココロとカラダが豊かになるには?

という問いかけから今のスタジオがあります

 

栄養指導をある先生に1年半前からしていただいてましたが、思う変化が出ないで困っていた時

セミナーでご一緒する川合さんのお話にヒントを感じ、指導を依頼した事から、より理解が深まりました

 

栄養指導をして下さっている川合さんのブログで私のことが書かれています。

『SLEを味わい尽くして人生が変わる』 私を見ていると、そんな勢いを感じるそうです(笑)

川合さんのサポートが今までやってきた栄養学に更に輪をかけて持病の理解を深めることに繋がりました。

ありがとうございます!

これだけ細かく分析して提案してくださるトレーナーさんはいないと思います。

ご興味ある方は是非川合さんのカウンセリングをお勧めします!

私は、ハーブで肝臓の解毒をしながら、腸内環境、抗炎症、を考慮した食事などやってきた事は一般の方でも大切なポイントです。

自分の気づきをクライアント様にきちんと反映していくために、栄養指導を再開しました。生活習慣と食生活を含めたカウンセリングがメインとなります。女性の場合、月経によるホルモンの影響を大きく受けますが、栄養と生活習慣が大きく関係もしてきます。

スタジオをオープンして2年半コツコツ&黙々と今日まで来ましたが、この仕事を通じて出会った方々には新しい視点や意欲や感動をたくさんいただきました。そして今年も色んなお友達ができた事に感謝します。具体的に決まっていませんが、来年からは人と新しい事を創り出していこうと考えています。

コンプレックスがプラスに変わった人生!

自分のペースで自分らしい人生を謳歌していきたいですね

 

2018-12-19 | Posted in information, nutritionComments Closed 

 

体調管理の為のカウンセリングと栄養学~ビタミンC~

『食べることは生きること』

人と良い関係を作るから『食』

その時間は家族とのコミュニケーションの時間だったり、人との距離が近くなったり、本音がポロリと出せたりもする良い時間

食べたもので私たちの細胞はできているので、良い時間と美味しいと感じる食事が理想ですね

 

先日のワークショップに参加してくださった方へ『コンサルテーョン』というカウンセリングを行っています

□現在悩んでる症状はありますか?

□時々起こる症状はありますか?

□ライフスタイルを教えて下さい(食事は1日何食?内容は?etc、睡眠時間とその質、運動習慣)

□体質

□PMSと月経の状況(サイクル、痛み、経血量)

□ストレスレベルは?

□体温

□寒暑に対する強さ、弱さ

などなど

特に食事と生活習慣や睡眠は少し掘り下げてお伺いします。

数名のカウンセリングしながら感じた事は以外と月経に関する悩みや不調を抱えている方が多かったこと。日ごろのトレーニングではそこまでのお話をする事が無かったのですが、PMS・月経痛・むくみの症状は仕方がないと思いながら過ごされていたという事実。

そこで、改善策というか客観的に見た上で、栄養と運動とリラクゼーションと植物療法という観点から少しプラスしてはどうですか?という内容をお伝えしています。

正しい情報(科学的根拠)に基づいた栄養学も大切だなぁということで【ビタミンC】について少しご紹介します

ビタミンCは美白、コラーゲンの生成、抗酸化でストレスに対して働いてくれることで有名ですね。酸素を運ぶ時に必要な鉄の吸収にも欠かせません。

免疫のインターフェロンを作る材料としてウィルスやガン細胞とリンパ管で戦う時にも使われるそうなので、寒くなる今からの季節は特に大切!

ビタミンCと言えば?

レモン!!という答えが多そうですが・・・

ビタミンCの多い食品ランキング(全食品中で重量100gで統一した場合のビタミンC含有濃度)

1アセロラ(1700)

2パセリ(820)

3グァバ(220)

4焼きのり(210)

5トマピー

6赤ピーマン(生)

20ブロッコリー

31レモン   (文部科学省 食品成分データベース)

レモンはこんなに低い位置。

少し世の中に定着したイメージで認識している栄養 があるかもしれません。私も自分の無知を気づく日々でした。それでもレモン水などは手軽に飲めるので胃の調子を整える意味でもおすすめです。

ちなみに体の中で作れないビタミンCを毎食後にサプリメントで摂取をお勧めしています。1日500mg〜1000mgが理想の量。特に酸化ストレスや炎症反応のある方は多めに摂取する必要があるかもしれません。

お客様との会話の中で情報が多すぎて何を信じたら良いかわからない・・・という話によくなります

確かに栄養学は思想学とも言われますが、偏らずバランスよく取り入れることが大切です

その為にクライアント様には情報提供をシンプルにお伝えしていきたいと思います

 

次回は『糖質ダイエット』についてご紹介します!

2018-12-13 | Posted in nutrition, yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

「女性ホルモンを知る」~栄養編~まとめ

「女性ホルモンを知ること」からココロとカラダの声を聞くvol.3のまとめ~栄養~

突然ですが、女性ホルモンの為に皆さんが食事で気をつけていることは何ですか?

大半の方が知っているNO.1は大豆ですね。イソフラボンと同じ成分があると言われています

でも大豆の吸収は腸内環境によって大きく変わり、日本人だと吸収率は半分の確率だと言われ、

最近はエクオールというサプリメントが注目されています。是非チェックしてみてくだい。

 

でも大豆の摂取はタンパク質やビタミンなどの栄養価があるので摂取する意味は十分にありますね

まず、女性特有の栄養不足を考える時、以下の栄養素を少し念頭においてみてください

【日常で心がけると良い食事として】

とくにビタミンB群(豚肉、マグロ、たらこ、枝豆)

ビタミンC

マグネシウム(野菜、枝豆、オクラ、きなこ)

カリウム(ヨモギ、野菜)

クロム(青のり、あおさ)

鉄(しじみ、牡蠣、アサリ、小松菜、パセリ)、亜鉛(カツオ、牡蠣、小麦胚芽)

オメガ3(青魚、エゴマ油、亜麻仁油)

オメガ6

 

ここで、いくつかの症状に合わせた栄養摂取のご案内をする前に、体の中ではどんなことが起きてそういう症状になるのかをご紹介します

 

【PMS】

生理前のイライラ、むくみ、乳房の腫れ、頭痛、低血糖症、便秘、めまい、不眠など

女性ホルモンのアンバランスで、基本的には日ごろの食事や生活習慣、セルフケアでバランス整えておけば軽減可能で

ストレスにも大きく影響を受ける為、ストレスケアも重要となります。

この場合、排卵後のプロゲステロン不足が主な原因(山芋、卵、鶏肉、赤身肉、貝類)

【月経痛】

初潮から3年以内はまだホルモンの不安定により起こる可能性があります。

それ以降の場合は、子宮内のうっ血が主な原因なので、下腹部の温めや呼吸法などが有効。

栄養ではオメガ6のγリノレン酸やオメガ3の摂取で痛みの減少が証明されています。脂の質は改めて大切ですね。

【プレ更年期障害】

一般的に更年期とされるより早い30代後半~40代前半に起こる

卵巣機能の緩やかな衰えに、ストレスによる自律神経の乱れが加わることで現れます。

ストレスケアが優先的に大切です。

幸せホルモンのセロトニンの材料としてはお米などのブドウ糖、

アミノ酸のトリプトファンは豚肉、バナナ、アボガドなど。

【更年期障害】

閉経を挟んだ10年間(40代後半~50代前半)のこと。

この期間に起こる卵巣機能の急激な衰えと、それに伴うホルモン分泌の再構成など、体内の一大変革によって引き起こされる様々な症状が起こります。こちらはエストロゲン、プロゲステロン両方の補充が大切な時期ですが、個人差も大きく、そこに至るまでの生活習慣の蓄積、気質、体質、ストレスにより左右されるそうです。

ビタミンD、カルシウムもこの時期は大切

葛、ヒマワリの種、大麦、人参、パセリ、大豆製品、ひよこ豆、リンゴ、ゴマ、ニンニク、ジャガイモ(フィトエストロゲン)

山芋、卵、鶏肉、赤身肉、貝類(フィトプロゲステロン)

ただし、一番大切なのはその栄養を吸収できる腸内環境と、自律神経は整っているのか?

ここがポイントだったります。

理由としては、

【1】自律神経の影響をホルモンは受けている

【2】副交感神経が優位な睡眠時間などに栄養吸収は体の中で行われる

【3】栄養吸収は主に小腸で行われ、腸には免疫の7割が存在するので、腸内環境が大切になります

そして、

基本は

①良質の脂(ホルモンを作るコレステロールの材料になるため)

②良質のたんぱく質(バランス良い肉、魚、大豆など)

③水溶性食物繊維×乳酸菌×ビフィズス菌(腸内環境と血糖値コントロール)

④ビタミン、ミネラル(鉄、亜鉛など)

 

まず、女性ホルモンを整えてくれる食材を取り入れる事と、

同時に生活習慣の見直し

自分を慈しむ時間を大切にしながら

腸内環境を整え

必要な栄養素の摂取

咀嚼時間をかけ血糖値をコントロールし

酸化した油や糖分の過剰摂取をコントロールしましょう(甘いものは別腹ですが過剰に欲している時はカラダからのSOSサインかもしれませんネ)

 

 

 

2018-11-27 | Posted in nutrition, yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

女性ホルモンを知る講座

11月ワークショップのお知らせ

【女性ホルモンを知ること】

からココロとカラダの声を聞くvol.3

運動×食事×フィトテラピー(アロマやハーブなどの植物療法)

自分の今の状態を知ることは、健やかで豊かな日々の暮らしへの近道

女性ホルモンは、月経・妊娠・出産だけでなく、エストロゲンやプロゲステロンが肌のうるおいや骨を丈夫にしたり、体温を上げるなど、PMS、月経痛、更年期障害、生活習慣病にも関係する大切な役割を担います。また自律神経や免疫力とも相互関係にあるホルモンの中のひとつ。

年代に伴うホルモン分泌量やバランスをソフトランディングすることは可能です

今までクライアント様と接する中で様々な症状の方とお会いし、学びの必要性と基礎知識の共有、バランスの大切さを実感してきました。

その為に多角的に学んできた内容を織り交ぜながら、内側と外側のケアを含めてお伝えします

皆さまが女性ホルモンの為にやってきた点がこの講座を通して、しっかりとした線につながり、日々のケアに取り入れられる内容になれば嬉しいです。

仕事、家庭、子育て、色々なライフステージの中で、女性として女性性を慈しむ生き方につなげる為に。

ご興味のある方は、どなたでも是非参加ください!

(内容)

*女性ホルモンのサイクルに合わせたライフスタイルを考える

*女性ホルモンの食事に大切な事(タンパク質、脂質、糖質)

*女性特有のトラブル、症状別ケア

*女性ホルモンの為に大切な運動

*骨盤底筋、鍛える前に知っておく緊張型と弛緩型

*デリケートゾーンのお手入れについて

*体質、体調、タイプ別チェック

11月18日(日)

[場所]:スタジオグランフォレ

[時間]:10時〜12時

[参加費]:4500円(アロマバームクラフトおみやげつき)

[持ち物]:筆記用具 [定員]:10名

[申込み方法]:HPのcontact usより『女性ホルモン講座参加希望』をタイトルに、お名前、お電話番号、を入力の上メール送信をお願いします

2018-10-24 | Posted in aroma, conditioning care, information, nutritionComments Closed 

 

フィトテラピー

植物療法を学びはじめ

昨日はプログレコース最終日のプレゼン発表の日

自分自身がずっと大切にしたかった

西洋的思想×東洋的思想の形や相乗効果が期待できそうである事を確信しながらの日々

『フィトテラピー』とは

『Phyto(植物)』と『Therapy(治療、療法)』の組み合わせ。植物の薬理作用で体に備わった自然治癒力を高める方法です。

フィトテラピーはまず自分自身を大切にする事から始まります。母、妻、職場環境など、様々な立場がある中で、セルフケアの重要性が予防医学につながります。

特に女性は冷え、むくみ、PMS.生理不順、更年期などホルモンの崩れが関係することも多く、生活習慣やフィトテラピーの力を借りる事は大切に感じました。

いつまでも自分らしくありたい

健やかに日常を過ごしたい

ぐっすり眠りたいのに眠れない

そんな悩みを抱える方が増えています

情報が溢れる中で、情報に振り回されるのではなく、その原因が何なのか?そんな掘り下げ方が自分と向き合う事なんだと常々感じてきました

今回は、苦手だった生理解剖学が好きになり、

益々、栄養、自律神経、免疫、ホルモンと体の中で起きている事、最初の情報をしっかり学ぶ事で、

運動にプラスα

ココロ×カラダが豊かになる方法としての精油やハーブの植物療法を取り入れ方が見えてきました

 

予防医学のためのセルフケアの大切さ

健やかな日常を過ごすヒントに

自然の薬箱に

 

今後は、栄養、自律神経、免疫、ホルモンと運動×フィトテラピーを絡め、勉強会も開催していきたいと思います。

色んな視点から学ぶから見える景色と出会いがあるし、

やっぱり私は『なんで?なんで?星人』…。

知りたくなるから学びたくなる

やっぱり病気をしたから予防の大切さを思うんですよね〜

 

毎月東京へ行くので、パーソナルレッスンを東京でも開催しようと思います!

同期の皆さん素敵なプレゼンでした!

 

2018-10-09 | Posted in aroma, nutrition, yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

9/24(祝)自分だけのオリジナル薬膳茶づくり講座

『はじめての薬膳茶』講座を開催します。

薬膳茶とは。
テーマを【薬膳】で考え、自分にとって何が必要で、何が必要ないものかを紐解いていきます。疲労回復、冷えや浮腫み、ホルモンバランスの調整などお悩みに合わせた薬膳茶のブレンドを行う講座です。

オリジナルブレンドティーを通して、今のカラダとココロの声を聞きながら、本来の自分らしさに気づき、また自分自身を大切にする時間を是非ご一緒に楽しみましょう

薬膳茶を日常に取り入れ
潤いの秋の準備をしませんか?

〔講師〕
MAKI
元美容師、現在は薬膳ライフプランナーとして活躍。
22年間、第一線で美容師として外側の美しさを求めていく中で、より美しく在るためには内側の健康こそが大切とインナービューティに興味を持ち美容師を引退し、漢方薬局で働きながら薬膳の勉強を始める。
2017年 国際薬膳調理師の資格取得

4児の母。
薬膳料理や薬膳茶を用いながら4人の子供と家族の様々な不調に対応し、元気な毎日を過ごせるようにサポートしている。
薬膳を身近に感じてもらえるように、セミナー等も多数手掛けており、豊富な知識と気さくな人柄で人気のセミナーとなっています。

メッセージ
『薬膳、中医学の考え方によって、自分でバランスを取れるようになり、不調がある方は、ゆっくりとご自身の声を聞きながら回復できるように、また元気な方はその快適さがより続くように。
皆さまには、講座を通して、自分を大切にし、家族もしあわせに楽しく生きて欲しい。是非、悩みを教えてください!
身体にも心にも効く講座です。色んなお話をしながら、ご自身の身体と心がホットできるオリジナルブレンドティーを作りましょう。ぜひ、皆さまのご参加お待ちしています』

日時  9月24日(祝日月曜日)
時間  10:00~12:30
場所  studio grande forêt(スタジオグランフォレ)
参加費 4000円(税込み)(オリジナルブレンドティーの試飲&持ち帰り付)
持ち物 筆記用具

お申込み方法
下記のメールに『薬膳茶づくり』お名前・お電話番号・メールアドレスをご入力し送信。完了メールが届きましたら予約完了です。
info@grande-foret.com

2018-08-04 | Posted in event, information, nutritionComments Closed 

 

薬膳ハーブティー

この季節になると近所の公園からら太鼓や笛の音が夏祭りを知らせてくれます。

夏越の祓や、神幸祭、祇園祭りなどがありますね

また、猛暑からのダメージに負けない身体づくりや栄養摂取も大切な季節でもあります

先日あるご縁で繋がったマキさんの薬膳ハーブティーが毎晩の楽しみな時間になりました✨

また、頭を沢山使った後は脳へ血液を供給する為のナツメが良いそうです。

ひとつずつ丁寧にブレンドされ

全ての説明がメッセージで記されてある

思わず“可愛い”と叫んでしまった

マキさんの感性も凄く素敵!

そして優しいお味とブレンドの奥深さにハマります

秋以降になりますが薬膳とハーブのコラボをご紹介していけるよう進めていきたいと思います

2018-07-15 | Posted in daily, nutritionComments Closed