nutrition

気分転換

先日あるお客様と意気投合した話が

“黙々とする時間が好き”なタイプ!である事

私は昔から習い事が好きでした

今は勉強の時間で余裕がなくなってしまったけど、そろそろ陶芸教室を再開したいなぁと考えています。無心て執着とか色々な感情から離れる事。何かを創造する時間はまさに無心になれて頭がスッキリ!

それがお花だったり、料理だったり、陶器だったり、形になった時に味わい時間がまた良いんですよね。

 

最近は友達を呼んでお料理する時間が定着してきました。

ニラとあさりのニンニクたっぷり酒蒸し

白和え

山芋と人参と青ネギの揚げたもの

煮込みハンバーグ

あとはサラダ

いつも量が多いかなぁ?くらいが完食してくれる食べっぷりの良い友達笑

食べる事は生きる事ですね

2018-07-10 | Posted in daily, nutritionComments Closed 

 

身体は食べたもので出来ている

毎年、淡路島の新タマネギをくださるお客様より今年も完全無農薬のこだわり玉ねぎをいただいたので、生ハムとレモンの簡単マリネ

常備の副菜があると来客時に助かります

この頃、外食をやめて自宅で料理を作って食べるスタイルがお気に入り。

私達の身体は食べたもので、できている。

そして、料理は自分の余裕のバロメーター。

時々チェックするのに良い時間

この日は油淋鶏がメイン。ピーマンの肉詰めは前日の残り、ジャコとししとうのピリ辛炒め、茄子の煮浸し、色々キノコのバルサミコ酢あえ、生ハムとレモンと新タママリネ。

この日も友人と色々な話に花が咲く

そして、最近はお弁当を持参することも増えました。昔、アパレルの頃は毎日お弁当を作ってたけど、やっぱり手づくりが1番だなぁと、つくづく感じるこの頃。

大好きな人のブログで紹介されてた『とろろ昆布と大葉と梅おにぎり』

脂肪の吸収を抑え、便秘やむくみ解消が期待できる組み合わせ

私は更に、ジャコをいれたり、ごま油を少しくわたり、栄養満点おにぎりをお弁当に持って行きます!

2018-06-17 | Posted in daily, nutritionComments Closed 

 

栄養学~糖質の成分の種類~

関係ないですが、久しぶりの焼肉さつまへ

友達の誕生日のお祝いです。いつも『やっぱ肉でしょ!』と男前な肉食系女子。私からしたら羨ましすぎるバイタリティーの持ち主!

とにかく一緒にいるとゲラ笑いばっかりしてしまう。楽しい楽しいお友達。よく食べ、よく動き、よく笑う人。今年も良い年になりますように〜

 

さて、今回は糖質の成分により脂肪量が変わるお話しになります。

糖質カットの食事管理が流行している時期もありましたが、糖質の中でも成分によって皮下脂肪の付き方がどれだけ違うか?をご紹介します。

 

ブドウ糖(穀類、いも類、豆類など)

果糖(果物、砂糖、ジュースなど)

 

の場合。同じ糖質でも種類が異なります。

仮にこれらを1日約200kcal過剰に摂取して10週間生活した場合、果糖類の内臓脂肪は約3倍も皮下脂肪が多くついてしまうというリサーチがあるそうです。3倍ですよ・・・。大好きなフルーツも摂りすぎは要注意!甘いものがやめられない場合の糖質の影響は想像できますね。

ご飯食べないでお菓子を食べてもカロリーという考えだけでなく、後の皮下脂肪に顕著だという結果。時々思い出すことにしましょう~

 

さて、次回は食欲の制御、満腹の制御、肥満による満腹の不感などをご紹介しますね!

2018-04-23 | Posted in nutrition, yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

正しい栄養学

トレーニングも、栄養も正しい情報(科学的根拠)に基づいた内容を学ぶようにしています。

先日はRbodyにて開催された栄養セミナーへ行ってきました。

情報が溢れる時代、人に聞いた内容、テレビの情報、当たり前だと思っていた情報が実は違う?なんて事もあったりして衝撃的だったりする事も多々あります。

 

そんな具体例を今回はひとつご紹介しますね

《ビタミンCの多い食品ランキング》についてビタミンCと言えばCMで見かけるのはレモン!

ビタミンCたっぷりなイメージは国民的にも認知されてると思いますが、本当なのか?ということで、

全食品中で重量100gでの含有濃度で比較した場合のランキングは以下の通りです

①アセロラ1700g②パセリ820g③グァバ220g④焼き海苔210g⑤トマピー200g⑥赤ピーマン170g・・・

21位にブロッコリー31位にレモン⁈

身体を整える為にはビタミン類は調整する役割になるので効率よく摂取したいですね。

 

次回は糖質についてご紹介します

2018-04-13 | Posted in nutrition, yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

甘いものは別腹?

東京のお土産にいただいたキャラメル【NUMBER SUGAR】

中には8種類の味が入っていました。塩、シナモン、チョコなどなど♡リラックスするお茶タイムで、コーヒーのお供にいただきました。

並ばないと買えない人気のお店だそうです。Aさん、ありがとうございます!

今日は『甘いものは別腹』について

薄着の季節が近づいて来ると気になるのは【ボディライン】。スタイル維持の為には運動と同じくらい食事管理が大切です。有酸素運動(歩く、走る)で基礎代謝を上げて、運動で筋力をつけても脂肪が減らないという方に、食後のデザートを確認すると、かなりの確率でお茶タイムに甘いものを召し上がっています。食後のデザートは太りやすく要注意!フルーツの果糖もなんです。砂糖や果糖の半分はブドウ糖といって身体(特に脳)に必要なエネルギーであり、半分は脂肪に変わります。食事でブドウ糖補給が充分されているのに更に食べてしまうと余剰分のブドウ糖は脂肪として身体に貯蔵されます。

甘いものを食べるのであれば、食間や運動後の方が理想ですよ!

疲れた時の一服に甘いものを欲しくなるのは身体にブドウ糖補給して活動を助けているんですね。だいたい身体の欲求には理由があって、欲する食べものは、今必要なものだったりします。

甘いものがやめられない場合、ブドウ糖は身体の機能を守る上で大切だと説明しましたが、果糖や砂糖の場合50%ブドウ糖50%脂肪となるので、身体の欲求しているブドウ糖が不足していると食べたくなります。他にも脂肪の仕組みから止められない要因もありますが。それはまた次回に説明しますね。

ブドウ糖補給のお勧めは①お米②麺③パン

糖質カットの食事は簡単に痩せますが、身体の免疫機能の為にもお勧めしません。お客様の中には甘いものをやめてお米をしっかり食べたら痩せましたっていう方がいらっしゃいます。(体重はあまり気にしなくて良いです)顔色も良くなり何よりご自身が快適に過ごせているのが嬉しいです。

大切なのは日々の習慣の積み重ねや調整です。

2018-03-31 | Posted in nutritionComments Closed 

 

薬を使う前に、栄養とアロマで整える

【栄養&精油の薬理学効果について】
お恥ずかしながら、この1か月胃もたれがずっと続いてました・・・それでも普通に過ごしてしまった

考えられる理由①食後すぐに動く②消化に必要な副交感神経より交感神経優位③夜御飯の時間


一念発起。胃薬は飲まずに、栄養と精油で治すことに。
①血液が胃に集まるところ、運動をすることで胃の血液を筋肉にとられるので消化不良が起こっている
②疲労や睡眠不足(交感神経優位)により胃酸が減り消化不良に。
★胃の内膜は粘液で守っている(この粘液の材料がブドウ糖大切)。また粘液を作る過程で活性酸素の除去にビタミンCが大切で常に蓄えが必要。


🌿精油で植物の薬理学を取り入れる

消化不良に良いとされるものには、オレンジ、クローブ、ジンジャー、ブラックペッパー、ペパーミント、レモンなどがあります🍊🍋🌿

その中でもジンジャーCO2という精油は消化促進作用があるギンゲロールという成分が多く含まれ、腸蠕動運動、唾液や胃液分泌作用があります。

また、レモンなどの柑橘系精油はdリモネンという成分が胸焼けや胃食道逆流の緩和に効果があると言われています。

そこで、 ・ジンジャーCO2&レモン&ペパーミント&オレンジの精油をキャリアオイルで混ぜてお腹にマッサージ
・運動前の食事を消化の良い持参のオニギリ
・ビタミンCはアスコルビン酸でこまめに摂取
・夜は生姜粥に溶き卵でたんぱく質補給
・睡眠時間はいつも通り6時間に戻す

《結果》
1ヶ月辛かった胃の重たさが3日で食べながら回復★
おかげさまで、大好きな小籠包風水餃子&パクチーのせにも生姜をたっぷり入れて食べてます。 ・
食べる事は元気の源ですね。
栄養のしくみや、精油の薬理学を知っておくと根本解決にすぐに結びつきました!🍴💪🏻

2017-11-08 | Posted in aroma, daily, nutritionComments Closed 

 

季節の変わり目は栄養と休養を

皆さんへの土産はチョコレートです。(糖質も大切な栄養)

なんとなく、疲れ気味、肌の乾燥で肌荒れぎみ、気温差で風邪気味、と夏の楽しかった思い出とは反対に、秋の気温差に身体がうまくついていかない。

そんな方も何となく増えてきました。

季節の変わり目は、身体のエネルギーが色々と消耗され、栄養はいつも以上に必要となります。風邪をひくのは気温差だけでなく、気温差に耐える栄養状態が必要でもあります。

脳に必要なブドウ糖は主食で(茶碗1膳×3杯)たんぱく質は体重1kg辺り1g、体重50kgだと5g(肉300g.卵3個相当)は最低でも必要だそう。皮膚を守る栄養素は更にここから別途必要なのと、皮膚に栄養を届けるには副交感神経が大切な要素だとか。

疲れていると感じたら、無理をせず、ゆっくり過ごすのも大切な選択肢のひとつですね。

リストラティブヨガのヴィパリータカラニはおすすめです!

自分を労わる手段は色々持っていると良さそうです。

2017-09-11 | Posted in nutrition, yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

食べること

先日、いつものお粥を食べに行こうとした時、魚の匂いにつられて入ったお店のランチ。クロガレイの煮付け定食に感動〜♡クロガレイもぷりっとして良い味付け。シジミの赤だしも、刺身も新鮮!実家でも父親が釣り好きだから、いつも週末は魚料理がありました。

思わず父親にメールしてしまったくらい!

他にも焼き魚、刺身、煮付けもそれぞれ色々な魚の種類を選択できます。

そして、think食堂のランチ

定番カオマンガイやジャスミンライス、付け合せの野菜も豆苗スープも、優しい味。美味しかったよ~ありがとう!ふたりがプライベートレッスンに通ってくれて1年以上。職人ならではの身体を診させてもらうおかげで、とても勉強させられます。

 

先日受けた健康診断の結果が届きました。

5月からビタミン摂取やミネラルのサプリをはじめ、意識的にお米やタンパク質の摂取をして、休息を心がけてきました。約2ヶ月で驚くほどに色々な数値が良い結果に変わっていて、驚き!実は1か月後にはあまり大きな変化がなく、少しブドウ糖の吸収ができてきたのかな?そんな感じだったのが、その後の1か月でまたまた良い方向に。

運動・食事・休息のバランス

この意味を改めて大切に思うこの頃。

そして、あるドキュメンター番組で有名トレーナーのトレーニングと食事法が紹介されてた件で少しお客様との話題になったので、私なりに思う事を少しお話ししてみました。テレビの断片的にしか映らない内容だから余計に鵜呑みになってしまいますよね。

平日は過酷なトレーニングと、食事はたっぷりのサラダ、プロテインなどのタンパク質は摂っていたけれど・・・。そして週末はチットデーというスイーツなど、糖質もなんでも好きなものを食べる生活。体の出来上がった健康なトレーナーだからできること。

私たちの体は生きる土台として、質の良いものにする為に、引き算でなく足し算の栄養摂取も必要だと思うこの頃です。

しっかり食べて、しっかり動いて、しっかり寝る、遊ぶ、癒される、楽しむ、笑う!

人生楽しみましょう~

という結論に至りました(笑)

 

 

2017-07-25 | Posted in daily, nutritionComments Closed 

 

休息と栄養

先週末から、睡眠時間を増やしました。

栄養の勉強は続いています。

自分の血液検査から見えてきた身体の細胞への栄養補給。まだまだなようです

しっかりお米を食べてるのに、吸収されてない模様

 

いくつか原因を探ると、

いわゆる交感神経が優位な時間が多い

常に頭を働かせている

食べるスピード(咀嚼)

食べたらすぐ動く…

この改善が必要なんだと改めて気づき

家に帰ったら仕事の事はスイッチオフに!

 

ということで、ブログも停滞気味に〜

 

起床した時の身体の軽さが違います。毎日の疲労回復、細胞回復には、栄養か睡眠しかない事を改めて実感中

今、実践してる栄養は足し算と、休息なシンプルな考え。これにより改善できそうなので、次回の血液検査が楽しみでなりません。

2017-06-30 | Posted in daily, nutritionComments Closed 

 

栄養コンシェルジェ

栄養コンシェルジェ1ツ星&2ツ星修了★ ★
アスリート指導者、治療家、トレーナーの皆さんに色々シェアしていただきました。





健康診断の血液検査を元に生活習慣予防アドバイスをさせていただけます。
セミナーでもお話しできる内容が色々ありました



食べる事は生きる事

カウンセリングシステムができましたら、スタート致します

2017-06-12 | Posted in nutrition, yoga/pilates/conditioningComments Closed