daily

富士山静養園+日月倶楽部での日々

この滞在の初日、自律神経の測定を計ってこの施設で過ごすことで帰る時にその変化を確認するのもプログラムのひとつ

敷地内にはマルベリー(桑)の実がたわわに実って取り放題、食べ放題!

口寂しくなったら黒く熟した実を取っては頬張りながら、子供の頃にこういう事したよね~と自然になじんでいた幼少期を思い出しました

フィンランドから譲り受けた本格的薪サウナと五右衛門風呂

この目の前には湧き水でできた池があり

薪サウナ⇒池⇒五右衛門風呂

という最高のコーズもオプションで体験しました

ほぼ全員が参加したのはハーバルウォーターづくり

敷地内の草花を摘み、それを蒸留する体験

 

広葉樹、針葉樹、草花あらゆるものを摘んであとははさみで1cm角にカットする作業

好きなものが似てる仲間達(笑)

五右衛門風呂初体験!大っ嫌いな水風呂も入ったあとの五右衛門風呂は最高でした

吹き矢を体験した仲間達 

フラを趣味にしてるゆきちゃん

皆の前で披露してくれて、とっても素敵だった

メディテーションを久しぶりに受けて頭がクリアになりました

最終日はレイライン上にある水の神様へお参りに

 

この滝の前に立って目を閉じる時間が心地良かったこと

妊娠8ヶ月の成美ちゃん

最後の朝食

朝霧高原診療所院長の山本竜隆先生はたくさん本を出されています

アリゾナ大学医学部統合医療プログラム(アンドルー・ワイル博士の統合医療プログラム)のアソシエイトフェローをアジアで最初に修了され、富士山のふもとにある2万坪の自然豊かなこの場所で富士山静養園を2013年に開設されました。

統合医療って調べても色々あって分からなかった事が山本医師の講義でかなりクリアになったけれど、この診療所がこの場所にある理由、また今後の日本の医療における在り方、社会や地域とのコミュニティの大切さ、課題や自分ができる事、またルボアの仲間とのネットワークをこれからも大切にしていきたいと深く感動しました。

https://hitsuki-club.com

https://www.mt.fuji-seiyoen.com

奥様は元タカラジェンヌ

山道の中、私たちを大きな車で送迎してくださった献身的な奥様でした

今回一緒に過ごした仲間達

全国各地から共に学んできた様々な職種や立場の女性の集まり

夏至の日の夜は自分たちの夢を語り合う日となり

自律神経測定の結果を森田先生に個人的にも解説してもらう中で、「中目黒の母」という程色んなことを言い当てられました!

ただ、前に進めるアドバイスがたくさんあって、森田先生がここまで来た経緯や経験、想い、情熱、行動、そして人の輪の大切さ、なにより自分軸がもう一度定まり腑に落ちる事で新しいスタートが切れそうです。

この仲間達と過ごした思い出は一生わすれません!

あと2週間でAMPPのテストがあり、明日から早起きして受験勉強スタートです

2019-06-23 | Posted in dailyComments Closed 

 

ルボアフィトテラピースクール最終講義へ

夏至の日

前日の大雨が嘘のように雨がやみ

浄化された空気の中で見ることができた富士山での日の出

ルボアフィトテラピースクールメディカルコースの最終講義に23名の仲間と参加してきました

ここは、朝霧高原診療所院長の山本竜隆医師が営む

ウェルネス&リゾート&ヴィンテージビレッジ日月倶楽部・富士山静養園。

欧州の田舎から学ぶ統合医療のモデルになる場所です

鳥のさえずりが聞こえ

清々しい空気

ツリーハウスからの景色

新しくできた曼荼羅が飾られたアトリエ

こちらでは絵の展示会などのできるそうです

 

ルボア代表の森田敦子先生(左)と副代表の南上夕佳先生(右)

こちらの富士山静養園は2万坪という広大な敷地

一般では宿泊はできない貴重な体験がたくさん詰まっていました  

どれだけ広い敷地なのか、散歩コースと森林を案して下さる山本医師

ここは紅葉の季節は赤色の絨毯ができるのだとか

どの季節も素晴らしい景色が広がりそう!

この朝霧高原はレイラインという伊瀬神宮や出雲大社にもつながる古代の遺跡や神社、仏閣、巨石群、を地図上で線で結んでみるとなぜか直線状になる場所になるそうで、この曽我八幡宮は森の中に入る前にはお参りされるそうです

    

 

先生が5年かけて見つけて、そして40回もお願いに行って購入された土地

10年以上住みながら、365日診療や講演活動をされこの山も管理されているんだそう

こちらは樹齢300年の杉が落雷で折れた木、この隣には台風の突風で先端が吹き飛ばされた杉が並んでいました。

とても悲しいんだけれど、その後にここには光が入ることで、樹齢15年の杉が日の目を浴びながら成長している植物の世代交代が起きてるんだよ。

と、教えてくだいました。

この土地を購入するに辺り、地元不動産のある方が「山を買うのは東京で土地を買うのと訳がちがう」という話から、一晩その不動産の方とこの真っ暗な森で野宿をされた経験をお話くださいました。

暗闇に光る動物たちの目、物音、大きさも、どんな動物かもわからないけれど、そこには動物たちの森が存在していて、

山を買うという事はその生態系を買う事なんだと理解されたそう。

杉の赤ちゃん

沢に入り

 

富士の湧き水を飲み

先生が補修して作った山道の階段を下りながら贅沢な森林浴

バブル期に作られた湧き水が溜まる池が薪サウナの前にあります

 

静養園は古民家を移築した綺麗に整えられた施設

マクロビオティック「玄米と野菜の料理教室」Aomugiを運営されている前之園知子さんが毎日美味しいご飯を丁寧に作ってくださいました

本当に美味しくて一口一口噛みしめたくなるお料理の数々に感動しました

つづく

2019-06-23 | Posted in dailyComments Closed 

 

STORY7月号

どこかに私が載っています!

お仕事ではなくてファッションで笑

先日お客様の庭で咲いた紫陽花をいただきました。

梅雨時期も植物に癒されます

2019-06-19 | Posted in dailyComments Closed 

 

蒸留体験in広島

ご無沙汰なブログ更新になりました…

地元、瀬戸内レモンの精油(アロマ)生産に好奇心が湧いて、広島県呉市豊町大長の“ネロリの島”へ

近ごろは運動に組み合わせ、精油とハーブのちからも借りています。

植物と人の個性はどこか似ている共通点があって、土壌、季節、生育状況、遺伝的性質など、背景にあるものを把握する事も大切だなぁとつくづく実感。

花の精油は1kの生産に1tもの材料を必要とするので、かなり高価なもの。今回はレモンの葉で採れた精油量を見てその理由に納得でした。

少しずつ、精油産地を巡る世界の旅も今後の目標のひとつになりました🌿

帰りに兄の家にあるレモンの葉っぱをチェック

可愛い子ちゃんとも遊びました

2019-06-18 | Posted in aroma, dailyComments Closed 

 

腸のお話その4〜川合先生から学んだこと〜

栄養指導を受けている川合智先生のセミナーを受講してきました。

SLE(全身性エリテマトーデス)の寛解に導いてくださり、また体の内側で起きている炎症について私自身が理解しその対処ができるようなった事で、生活上の不安が大きく払拭されて、自身が持てるきっかけを与えてもらった恩師です。

身体=カラダは臓器と細胞から成り立ちます。細胞や臓器は食べたものからできている。小腸の細胞のように24時間で生まれ変わるものから、大腿骨のように何年もかけて生まれ変わるものまで、食べた栄養が吸収され、新しい細胞が生まれるサイクルがあります。

だから、『食べることは、生きること』なんです

 

その栄養摂取で大切な事

No.1は、余分なものを取り除く事

私の場合、甘い物&パン朝食を減らしました。

和定食だと味噌汁、ごはん、納豆、卵焼き、漬け物

パン食だと、パンとコーヒーとフルーツ

圧倒的に食物繊維とタンパク質量に差がでます。

毎日の積み重ねでカラダが作られる。

そう思えば朝の時短メニューより、自分のカラダの為に作る15分の時間が大切だと気づけたのも良い発見のひとつ。

No.2.必要なものを取り入れる

同時に実践したのは腸内環境を整える

腸のお話その1

腸のお話その2

腸のお話その3

 

〜腸内環境の為の腸内細菌叢のエサになるもの。納豆などの菌のエサ、水溶性食物繊維が圧倒的に不足〜

毎食に必要な食物繊維の目安は手の平一杯分。そして、水溶性食物繊維の中のイヌリンという成分には大腸においてビフィズス菌や乳酸菌を増やし悪玉菌の減少、抗炎症効果が期待されます!!

そこで、『ぬか漬け』はじめました〜

恵美先生に教えてもらって。笑

ここにはマグネシウムが豊富な【ぬちまーす】を入れてます 。ミネラル成分は骨を丈夫にする上て代謝で大切な存在。

それから、欠かせないのは玉ねぎ氷

  

発病した頃、母のススメで実践していた玉ねぎ氷

【レシピ】

玉ねぎを皮剥いてレンジで6分ほどチンするとクタクタに柔らかくなるので、それをミキサーにかけるだけ。必要あればお水を大さじ1入れて、完全に液状にして製氷皿へ(簡単!)

これは普通の製氷皿より倍くらいの大きさのもの。玉ねぎ2個分になります。

これを味噌汁、カレー、スープ、煮物、なんでも入れるとコクも出て、氷の分量で玉ねぎをどのくらい摂ってるかの確認もできるんで、できるだけストックしています。

No.3.BestではなくBetterを目指す

これは、とっても大切な事

ダイエット、日記、禁煙、禁酒、にもよくある。完璧を求めすぎると疲れて続がなくなってしまうので、食生活をいきなり180度変えようとしないこと。

『無かったことにする』、その前に今の自分に可能な範囲で上手にコントロールしてあげること。

私はコーヒーも飲みます。

甘いものも食べますし、お菓子作りもします。

アルコールも嗜みます。

でも、欲する頻度が確実に減りました!

以前は夕方のひと息のお茶タイムが楽しみで必ずおやつを用意してました。でも、甘い物がやめられない理由が身体の中で起きる理由を知ってからは、コントロールできています。

勿論、これ以外にも色々実践しながら、なぜ?の理解を深めています。

ヒポクラテスの

『汝の食事を薬とし、汝の薬は食事とせよ』

とあるように、食事とその人の心の状態が毒にも薬にもなることを忘れずに、美味しいものを楽しみながら食べる時間も大切です

 

先日の青家辛鍋POP UPは久しぶりに妹と二人で

 

そして、心許せる先輩達ともおうちごはん

他愛ない話をずっと続けられる人たちの存在にほっとする時間

食べることが大好きなので

これからもお料理を楽しもうと思います。

 

*栄養セミナーの内容の実践はこれ以上にたくさんあります。少しずつご紹介しますね

2019-05-08 | Posted in daily, nutritionComments Closed 

 

令和元年

令和元年を迎えて初めてのブログ

実は私の誕生日が5月1日ということで、令和初日と誕生日が重なる思い出になる?誕生日でした!

 

先日、携帯見れない時間が続きホットした時に突然の来客

お客様の旦那様でした。

奥さま、息子さん、義母が通われているので、ゴルフスキルと腰痛改善に!

アポ無しの為(笑)30分だけ

 

終わった後はグッタリされながら

『こんなキツイ運動を嫁もしてるんやなぁ〜』と(そんなにキツイ運動はしてませんが笑。ストレッチ要素が辛かったのかも)努力されてる奥さまを尊敬してるご様子。

奥さま、以前は鍼や様々な施設に通っていらっしゃいました。

当初は痛みが酷く、知り合いの治療家さんをご紹介して、落ち着いた状況で私がバトンタッチ

 

様々なストーリーがここにあります

 

これからも様々な専門の先生方と連携しながら、自分らしく、健やかに動ける。

毎日が、ちょっと快適になる。grande forêtは、そんな日常を取り戻す、ココロとカラダづくりを目指します~

令和もよろしくお願いいたします。

2019-05-07 | Posted in dailyComments Closed 

 

さくら便り

東京に滞在した先週は気温も高くなって、桜も満開

 東京に行く際に泊めてくれる友達のあゆちゃんとブランチしながら色んな話をしました。ずーっと話せる不思議な存在。合鍵まで渡してくれて、その寛大さに助けてもらってます。ありがと!

今年の春は20年前に他界した祖父の事を急に思い出しました。私と妹が高校を卒業した春の事。

祖父は大学の学長を務めていましたが、自宅のトイレで脳梗塞で倒れ、意識が戻らない状態で寝たきりの入院生活になりました。当時、祖父は祖母と叔父家族と同居していましたが、入院してる祖父に誰かが付き添わなければいけないという事になり、広島を離れ、大学入学まで時間があった私達姉妹が交代で付き添う事にしたんです。

夜は心電図の音だけが聞こえる静かな病室で、熟睡なんてできるわけもなく、深夜に看護婦さんがチェックに来てくれる様子を見ながら、命を支える看護婦さん達の労働状況に凄いなぁと感じた事を今でも鮮明に覚えています。

昼はオムツ替えや床ずれ防止の為に体の向きを変えたり、痩せ細っていく祖父の体を拭いてあげる手伝いをしました。

ルボアフィトテラピースクールでも高齢者施設における【匂い】問題について学びましたが、今の私なら祖父の下の世話に除菌にもなる精油を使ってあげられた。あの時の自分にそっと教えてあげたくなります。

意識のないはずの祖父でしたが、3月末に学長を退任する手続きが終わり、

祖母が『お父さん、長い間ご苦労さまでした』

そう耳元で伝えた後に息を引き取ったそうです。側で寄り添っていた祖母はどんな気持ちで夫の姿を見ていたのかな?と胸が締め付けられる思いにもなりました。祖父の耳に言葉が届き、安心したかのように旅立った春。

それは私の大学入学式の前日で、京都に来ていた母は急遽広島に帰り、入学式は一人で心細いまま出席することになったんです。

あの日もこんな快晴。入学式からそのまま広島のお寺に向かう景色はどこを見ても満開の桜でした。

あれから20年経ち。人生の折り返し地点に立った今、自分の病をきっかけに見える景色、価値観が変わり 、何より自分らしく生きるようになりました。結構、紆余曲折な人生歩んでます(笑)

クライアント様の最高年齢が85歳になり、これまで学んだ運動、栄養、フィトテラピーなどを通して『健康』に携わりながら、まだまだやりたいことがたくさんあります。

今年はセドナでも感じたリスタート

変化のとき

私の誕生日5月1日には新しい年号に変わり

このタイミングにふと祖父からの応援メッセージを受け取ったような気がします。

春休み、久しぶりに報告に墓前に行こうと思います。

そして千鳥ヶ淵の桜

すっごく綺麗でした

仲良しトリオで揃うのも久しぶり

私と全く違うカラーを持つ2人(笑)

そして、恵美さん。美味しいご飯ありがとうございました!

 

今日は1ヶ月に1度の健診日。血液検査から診察まで平均4時間。こんな時は本が進みます。

今日は妹が貸してくれた樹木希林さんの『一切なりゆき』を読んでます。達観した生き方がカッコ良いなぁ〜

2019-04-10 | Posted in dailyComments Closed 

 

春の食材で彩サラダ

母から文旦が届いたので春のサラダにしてみました。(ベビーリーフ、菜の花、文旦、アーモンド、ディル)

気持ちと時間にゆとりがあると、料理ひとつとっても食べる行為自体も楽しめるもの。

きっと、そのゆとりこそ日々大切なんだと思います。

 

実はわたし、サラダ(特に葉野菜)を自ら選択しない習慣を20代前半くらいまでしてました。

「女子はサラダでしょ~」っていうノリに逆行していた20代

きっかけは‟ダイエット”

実家の広島を離れ、晴れて自由な一人暮らし

田舎者だった私の大学生活はサークルみたいに楽しい居酒屋のアルバイト生活が中心でした

毎晩アルバイトが終わったらみんなで夜の木屋町を飲み歩く日々。強くないお酒を朝まで飲んで、空腹になった早朝はお決まりのうどん屋や朝定食を食べて寝る生活。

これで見事に3か月で6キロ太る始末。

あごのラインが消えた横顔の写真を見た時に目が覚めました

 

そこで出会ったダイエット本

半身浴で汗を絞り出しながら暗記するくらいに読みました

その一部に”ダイエットには冷えが大敵” ‟女性は冷やすと代謝が落ちる” ‟生野菜はカラダを冷やす”という言葉が印象的で、それらのキーワードが色濃く残りました。

それ以来、温野菜を心がけるようになったんです。

 

今思えば、解釈に偏りがあっただけ・・・

この春、大学生になり関西で一人暮らしを始めることになった姪っ子を見ながら、ふと思い出した私の大学時代

益々可愛くて、そして綺麗になっていく姪を見ながら、

女性として、母となりうるカラダのサポートをしていきたいなぁと思いました。

 

そして母が兄の奥さんに言っていた言葉が胸に響きました

「家を出てしばらくしたら出て行った実感が湧いてくるんよ~」と。

 

 

2019-03-26 | Posted in dailyComments Closed 

 

腸のお話 その3~食物繊維の簡単作り置きレシピ~

腸のお話は続きます

腸内細菌は腸内フローラといわれるお花畑みたいに腸の中に生息している事は有名ですが、

その量は成人で約500種類以上、100兆個以上の細菌類があり、

重さで言うと1~2キロにもなって、

私たちの体を守ってくれています。

【腸内細菌の働き】が免疫と関係しているという「腸管免疫学説」

それでは、腸内環境を整える腸内細菌の具体的な働きぶりをご紹介しますね

①病原菌を排除する

②消化を助ける

③ビタミンを合成する

④幸せ物質のドーパミンやセロトニンの前駆体を脳に送る

⑤免疫力をつける

実は、この腸内細菌数が日本人は減少しているのだとか!?

その理由としては

①抗生物質の使い過ぎ

②保存料や食品添加物入りの食べ物

などが挙げられています。

 

そこで、腸内細菌の餌となる食物繊維やオリゴ糖が見直されています

下の図を見てみましょう~

【有用菌を届ける】もの+【有用菌を育てる】もの=これかが組み合わせられて【シンバイオティクス】という腸内環境が整う考え方の説明です

注目してほしいのは、左側の菌を摂取する事に重点を置いている方が多いんです!!

でも、その菌に対して餌が足りていなければ腸内細菌は増えず、免疫を上げる事が難しくなるかもしれませんね

 

オリゴ糖は大豆、ゴボウ、たまねぎなどに多く含まれ、食物繊維は不溶性、水溶性どちらも腸内細菌の餌になります。

米国国立がん研究所は、‟野菜や豆類、穀物などを多く摂れば免疫力が上がってがんを予防でき、アレルギーも抑えられる”という研究結果を発表したそうです。100年時代と言われる現代、食の見直しが世界中でされているんですね。

 

クライアント様のカウンセリングを行ってみると、この食物繊維やオリゴ糖に関して、単身の方はサラダの葉物野菜に偏っていると印象を受けました。

仕事から帰って食事を作ると品目数を多く作れないという声も多く、わたしもよ~く分かるなぁと共感。

帰宅が早い時の料理の時間は買い物から含めてウキウキしますけど、遅い帰宅になった時はテキトーな食事になりがちになるもの。

実は、私も栄養指導の川合先生に指摘された事から改心しました(笑)

というか、腸内環境を変えてから良い事ばかり!ずっと低かったアルブミンというタンパク質の貯蔵量もアップしたので体調も良くなりました。それは腸内でビタミン合成、消化吸収しやすくなったおかげなんだと思います

 

そこで、食物繊維を意識した簡単作り置きレシピをご紹介します

【切り干し大根の黒酢&ごま油漬け】

これはお客様にいただいた寒干大根。

(材料)お湯で戻して黒酢、醤油、ごま油に漬けるだけ。量はいつも適当に味を見ながら整えます(ズボラ・・・)

ポリポリした食感と黒酢が癖になる一品!これは普通の切干大根じゃないから美味しいんだと思います。

 

【ナムル】

(材料)人参、小松菜、ミョウガ、すりごま、ごま油、ぬちまーす

さっと湯通しした野菜にごま油&お塩&おろしニンニクを少々で和えるだけ。最後にすりごまをかけます

粘膜を作るビタミンAを豊富に含む人参。小松菜はほうれん草より鉄分が豊富です。ミョウガと合わせて。(ごま油は鮮度の良いものを選びましょう)

マグネシウム含有量の多いぬちまーすを使います

お塩は食材に合わせて選ぶのが良いので選び方は変えますが、ミネラルバランスも代謝の上でも大切なポイントです。

 

続いては、キノコ類🍄

前に通っていた料理教室で習って以来、我が家の常備品

エリンギ

マッシュルーム

マイタケ

しめじ

キノコ類300gほど

にんにく1かけ

唐辛子1本

オリーブオイル大4

バルサミコ酢大1

エキストラバージンオリーブオイル大1

醤油、塩、ブラックペッパー少々

パセリ適宜

(作り方)

①フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにく、鷹の爪を弱火で香りづけして、香りが出たら鷹の爪は取り出す。

②にんにくの香りが出たら強火にしてキノコ類を投入し、火が通ったら塩コショウ、しょうゆで味を整えて火を止める

③バルサミコ酢とエキストラバージンオリーブオイルを回し入れ、刻んだパセリを最後に和える。

ちなみにパセリはレモンよりもビタミンCが豊富です。冷蔵庫で3日くらい保存できます

副菜のストックがあれば遅い帰宅時間でも後はお味噌汁や納豆、主宰のお肉や魚を焼けば気持ちもらくですね

2019-03-25 | Posted in dailyComments Closed 

 

腸のお話 その2~消化吸収が大切~

さて、腸のお話1では、「腸の労働環境を整える7つの条件」を挙げてみました

その前にチェックしておきたい事があります

①腸の穴が緩んでいたら、炎症が起こる大きな原因になるので、キュッとしめて修復することが一番最初。

②胃酸&消化酵素がきちんと出てる?

強力な酸により、胃に入った食べ物を細かく分解する作業が行われ、次に腸へ運ばれていくベルトコンベアのような流れ作業の中で食べたものが分解されていきます。その細かく分解する作業を助ける役目が胃酸&消化酵素なんです

いつかの妹のおうちごはん。

大好物の豚の角煮(左)も、カツオのたたき(中)も、蒸し鶏のネギ塩ダレ(右)も、タンパク質は胃で小さく分解される事が消化吸収の大前提!タンパク質を吸収できる体にしておくことは、生きる上でもかなり大切なポイントです。

 

胃酸の分泌量は〈ペプシノーゲン〉で把握できたりしますが、消化器内科を受診される機会が無いとわからないですね・・・

もうひとつ、注意したいのは早食い!(笑)

ドキッとしたあなた。今日からよ~く噛みましょうね。

 

では、今日の本題

胃酸量が少ない人は具体的にどうしたら良いのか?

お勧めをいくつかご紹介します

食前の

・レモン水

・酢の物

・梅干し

・しょうが汁

・ペパーミント、レモングラス、メリッサ、リコリスのハーブティー

などが胃酸分泌促進するといわれています

フィトテラピー(植物療法)では胃腸障害にペパーミントの精油をキャリアオイルと混ぜてお腹に塗布すると良いと言われています。

胃の筋肉を緩ませ、蠕動運動を促す効果があるので、食べ過ぎた後や緊張してお腹を壊した時などは、加温作用のあるマジョラムなどと混ぜるのも相乗効果に繋がります。私も緊張しやすいので時々お世話になっているフィトテラピーレシピです。

胃腸の調子が悪いからといって胃薬を容易に飲むと腸内細菌まで減らしてしますので注意が必要とも言われるので、より良い選択をしていきたいですね。

また、アロマテラピーの香りを嗅ぐことで副交感神経が刺激されると唾液も分泌して消化を促進することになります。

以前、男だらけのアロマブレンド会でマニアックな知識を持ち合わせたトレーナーさんが唾液がめちゃ出る!と即反応してくださいました。(笑)

 

では、胃酸分泌の為に簡単にできる私のずぼら常備菜をご紹介します

【生ハムマリネ】

無農薬レモン、生ハム、玉ねぎ、マリネ酢で漬けておくだけ

これ、水溶性食物繊維の玉ねぎがたっぷり食べられるので常備できるときはピクルス代わりにモリモリ食べます

食べる時にオリーブオイルやエゴマ油をかけたりしても良いのでお勧めです

よ〜く噛みましょうね!(理想は一口30回咀嚼です)

2019-03-20 | Posted in dailyComments Closed