yoga/pilates/conditioning

女性の健やかな日々をサポートする骨盤底筋②

前回のブログの続き

骨盤底筋は忙しい!基本的に安静時や寝ている時にもずっと働いています。

骨盤底筋の機能不全になる要因はいくつかあります

✔️妊娠・出産

✔️肥満

✔️加齢による筋力低下

✔️イキむ排尿・排便

骨盤底筋は様々な影響を受けながらも、常に働いて忙しい中でも私達の身体を守ってくれているんです

「イキむ排尿や排便」も要注意!

トイレに行けない時間が多い時、トイレに駆け込んで勢いよく腹圧かけながら排尿した経験ってありませんか?

便秘の場合もイキみやすい。。。

これらも骨盤底筋に負担がかかるもの

 

また、日常の行動でも負担のかかりやすいものは、

●ジャンプ動作

●激しいくしゃみ

●咳をする

これらで尿漏れを経験された方も多いはず、、、

通常の呼吸に対してこれらの骨盤底筋にかかる負荷は何倍にもなるんです。

前回お伝えしたように、これらの筋肉を鍛える事で尿漏れを改善する道はあります(尿失禁には様々な種類があり効果が期待できるものはそれぞれ異なります)

骨盤底筋を鍛えるコツ

①骨盤底筋がどのように付着しているのか?解剖学的な把握を認識してもらう。

ハンモック状に広く付着、しかも3層構造で複雑、股関節の筋肉も筋膜を介して関係します

②骨盤底筋を自分で動かし、他の筋肉はリラックス

お腹やお尻などを使って肝心な骨盤底筋が働きにくくならないように

③呼吸で骨盤底筋は他の3つの筋肉と協調して動いている事を理解する

1日20000回している呼吸の中で使われる骨盤底筋。しかし、中には呼吸のパターンに個人差がありうまく使えてない場合が多々あります

この呼吸を評価する事は必須!

様々なエラーパターンや骨盤底筋の過緊張が分かったりします。

こちらはまた次回にお伝えします

2019-12-04 | Posted in yoga/pilates/conditioning, 骨盤底筋Comments Closed 

 

女性の健やかな日々をサポートする骨盤底筋

尿失禁ケアセラピストになって約半年が経過

この講座を受講した理由は

✔️自分の身体を自分で理解する事

✔️この悩みを抱える女性が相談しやすい環境づくり

✔️予防の為の骨盤底筋の使い方啓蒙活動

諸々あります。

 

現在は、モニター様にご協力いただき骨盤底筋の状態の改善に取り組み、
女性がいくつになっても健やかに過ごせるサポートの準備を行っています。
モニター様を通して実感した事は、骨盤底筋の周囲に存在する筋膜へのアプローチは絶大だという事

骨盤底筋トレーニングの感覚が分かりにくいとおっしゃるお客様に施術させていただいた所、
「わかりやすくなった」との声!

骨盤底筋は筋膜まみれだと教えて下さった筋膜のプロTRIGGERの半田瞳先生
その他ににもたくさん学ばせていただき今後に活かせる事を日々発見しています

来年より一般の方にもご利用いただく準備段階ですのでまたご案内します!

「カラダスクール」~女性が自分の体の理解を深めよう~バージョンもスタートします

骨盤底筋にまつわる身近なご相談だと、
●ジムに通っていたけど、臓器脱オペをされた50代
●誰にも言えないけど走ったら尿漏れする40代
●咳の度に尿漏れしてしまう40代
●くしゃみで突然尿漏れを経験した私!?(ちなみに講座に申し込んだ直後に経験してタイミングが良すぎでした…)

・誰にも言えない

・どこに行けば良いか分からない

・そのうち治る?と思い時間だけが経過してる

そんな女性が多くいるように感じます

症状によっては医療機関(泌尿器科など)の受診をお勧めしますが、

尿漏れには骨盤底筋を鍛えましょう!

では、

骨盤底筋の役割を確認しましょう

✔️臓器を下で支える
靭帯や筋膜なども一緒に支えていますが、骨盤の底は空洞になっているので、底から骨盤底筋群が支えています

✔️排尿・排便のコントロール
括約筋と言われる排泄の役割を持った筋肉も骨盤底筋には含まれ、女性の場合、中央に膣があり

✔️姿勢の安定化

✔️呼吸と連動
姿勢とも関係しますが、体幹の狭義に含まれるインナーユニットが呼吸をする際に協調して働きます。反対に姿勢が崩れた状態だとインナーユニットがうまく働かなくなる事もあるので、骨盤底筋トレーニングでは必ず呼吸の評価を行います

✔️性的な機能
骨盤底筋でも尿生殖三角と言われる坐骨から上半分

インナーユニット:横隔膜、多裂筋、腹横筋、骨盤底筋の4つがボックス状にあり、狭義での体幹(インナーマッスル)を構成している

 

骨盤底筋のトレーニング、骨盤底筋ヨガ、膣トレ、体操をやってるけど効果をいまいち感じられていない。

そんな方も多くいらっしゃいます。

骨盤底筋機能不全による尿漏れなどエクササイズによる改善率は17%〜69%とかなり幅広いそうです。

なぜなのか?

骨盤底筋を鍛えるにはコツがあります

また次回お伝えしますね~

2019-12-02 | Posted in yoga/pilates/conditioning, 骨盤底筋Comments Closed 

 

【杉山幹氏による指導者向けセミナー】動的コンディショニングアプローチ開催しました

《指導者向け講座》

杉山幹氏による『動的コンディショニングアプローチ2day』が終了しました

学ぶ度に腑に落ちて行く

『何故?』を深く掘り下げ『それらを組み合わせて総合的に理解できる』のが、人気講師杉山先生の特徴です。

余談ですが、人気って『人の気持ちが入っていく事』だとある方が言ってましたが、まさにその通り

⚪︎呼吸×姿勢

⚪︎左首×右膝の痛みのクロスパターン

⚪︎首の張り×肩甲骨

⚪︎腰痛から抜け出す運動学習

⚪︎体幹×太腿の張り

色々な関係性も合点が沢山!

個人的には、来週から始まるアスリートの障害予防に活かせる内容が盛り沢山。昨日はプログラミングの為、深夜まで復習してしまいました。

今回はトレーナー、治療家、ピラティスインストラクター、ダンサー、セラピストの方々や県外からもご参加くださり、アットホームな雰囲気で笑いの絶えない盛り上がり

来年より定期開催が決まりましたので分かり次第募集開始します。人の体に関わる全ての方へお勧め致します!

自分らしく、健やかに動ける。毎日が、ちょっと快適になる。

grande forêtは、そんな日常を取り戻す、ココロとカラダづくりを目指します🌿

2019-11-21 | Posted in event, yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

睡眠の質を上げる〜メンタルヘルスケアの為の栄養とフィトテラピー〜

何かと忙しい現代人

忙しくなって疲れると、

心緩める(※セロトニン)が出にくい状態に。

【セロトニンとは】
セロトニンとは、脳内で働く神経伝達物質のひとつで、感情や気分のコントロール、精神の安定に深く関わっています。
セロトニンが不足すると脳の機能の低下が見られたり、心のバランスを保つことが難しくなります。セロトニン不足は、
ストレス障害やうつ、睡眠障害などの原因になりうることも知られています。また、セロトニンは精神面だけではなく、
消化や排便、体温調節など、体の様々な働きに関わっています。また、セロトニンは朝陽を浴びると分泌されやすく、
その14時間後に眠りを誘導するメラトニンが分泌されます

反対にハードワークやスマホ、季節の変わり目、ストレスなどにより、
興奮物質のアドレナリンを使う量が増えやすい!

細胞の回復をする睡眠時間。

質の高い睡眠が心身の健康に繋がることは皆さんご存知かと思います

そこで、睡眠の質向上にお勧めな事を以下にあげてみました

 

①灯の調整⇒間接照明などで神経を落ち着かせリラックスモードへ

②スマホなど電子機器を遠ざける⇒これらの光によって睡眠を誘導するメラトニン分泌が出なくなる

③ぬるま湯での半身浴⇒全身を温め副交感神経へ

④お風呂上がりのセルフケアマッサージやストレッチ

⑤副交感神経を促す精油をディフューザーで焚いたり、ティッシュにつけて枕元へ忍ばせる

⑥ハグする(笑)⇒セルフマッサージでもそうですが『皮脳同根』という言葉があり。脳と皮膚は同じように癒される仕組み
ペットもパートナーも家族でも良いですよ!

身体を緩めてくれるセロトニンの材料が(リプトファン)であることをご存知の方も多いと思います。

トリプトファンが多い食材として、バナナや、牛乳、大豆製品が有名です。

【トリプトファンとは】
トリプトファンは脳に運ばれると、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンといった神経伝達物質をつくる原料になります。
このうち、セロトニンには催眠(さいみん)、鎮痛、精神安定などの作用があり、不眠の傾向がある人やうつ病ぎみの人に有効。

ここで注意したいのが一緒にブドウ糖も取るという事。

トリプトファンは脳に入らないとセロトニンにはなれないのです。。。脳に入る為にブドウ糖が必要。

夜はお米抜きにされて睡眠の質も低いという方へ、食事指導においてブドウ糖の含まれる芋類やお米を少量でも良いので食べる事をお勧めしています。

睡眠の質に悩んでる方へ、以前にご紹介したフィトテラピー処方のハーブは以下のもの

●バレリアン→入眠困難な方へ、もしくは熟睡して疲れを残したくない時にもOK

●セントジョンズワート→不安な夜に

●パッションフラワー→途中覚醒や質の向上に

様々な原因の睡眠障害がありますが、ハーブだけで改善された方からは喜びの声もたくさんいただきました!

こちらは11月のワークショップでもご用意しています!

 

2019-10-19 | Posted in nutrition, yoga/pilates/conditioning, 植物療法Comments Closed 

 

地球に生きる〜太陽の光と代謝の関係〜

【地球に生きる】

〜代謝について〜

ハワイ島の大自然で過ごす休暇

雄大な海に沈んで行くサンセットを毎日色んなロケーション&波の音を聴きながら、地球の素晴らしさに感動の日々でした。

海外のビーチに行くと、パラソルの下でゆったり読書しながら過ごす外国の人のカッコいいビキニ姿や、ビーチをカップルや夫婦が手を繋いで歩く姿も絵になるハワイ島。色々な事が自然です

外国人のビキニ姿はかっこよく、つい見てしまう。体型はそれぞれだけど、少し骨太で膨よかなボディはやはり女性らしくて魅力的に映るもの。

私にとっての憧れの体型をウォッチング。みんなカッコよかったなぁ〜

そんな大自然で、

日中は眩しい太陽を

夜は天の川まで見える星空を

眺めながら【代謝】について栄養の先生から学んだ事をふと思い出しました。

それは、季節で太りやすさが違うという事。

【太陽光】✖︎【基礎代謝】の関係性

人の目の奥には視交叉上核という神経の固まりがあります

①太陽光を感知し、全身の時計遺伝子を調整

②浴びた瞬間から→細胞が働く(細胞と臓器は同じ時間軸で働くので代謝の連携はスムーズ)

③なので早朝は全ての人で血糖が上昇(エネルギー消費モード)

つまり、太陽が沈むと全身が夜モードになり、3時間くらいで基礎代謝は低下。エネルギー消費モードから、蓄積モードへ変わっていくのです。

冬と夏で太りやすさが違うとも言え、私達は地球で生きてるという再確認にも繋がる。

ちなみに、日本では

夏:19時〜22時

冬:17時〜20時

が蓄積モード。冬や夜食が太りやすい理由は太陽光にも関係しているんです

朝の運動で代謝がより上がるのも納得!

近頃、朝早くのご予約が増えましたが、私自身もすごく健やかだし、軽やかな気持ちになります。

 

私達は自然のリズムの中で

適応しながら生きているということ

地球に生きるって、忘れてはいけないですね。

2019-10-03 | Posted in yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

コンディショニングアプローチを学びました

杉山幹氏 による3回目のセミナー

『指導者向け徒手による筋コンディショニングアプローチ』を週末に開催しました

何かの基本(カタ)を学ぶとき、先生選びはとても大切なポイント。

世界中で学び、現場での経験則や検証を繰り返し、伝わる言葉を厳選している方だからこそ何度でも学びたくなる内容です

運動=筋トレではなく、日常生活の動きをより良いものに選択していく事でもあります

その中で起きる様々な制限、それをより良いパターンに変えていくプロセスで、徒手による筋へのアプローチを行なっています。

正直、このちょっとした徒手アプローチに、お客様がかなり驚く効果が生まれます。受けていただかないと分からない変化ですので、是非体験にいらしてください

grande forêtは、

ひとりひとりの体にじっくり向き合って、“健やかに動ける体”をつくるパーソナルコンディショニングスタジオです。

より良いサービスがご提供できるよう、これからも土台づくりの学びを継続していきたいと思います

次回、杉山先生のセミナーは11月16日.17日開催予定です

今回ご参加くださったのは、治療家、トレーナー、エステティシャン、カラダに関わるお仕事の皆さまでした☺︎わいわいとアットホームな雰囲気が心地良かった〜

皆さま、ありがとうございました

2019-09-05 | Posted in conditioning care, yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

指導者向け徒手療法セミナー(ヨガ、ピラティス、トレーナー、治療家、セラピスト)

徒手療法の先生なら

杉山幹先生に学ぶべし!

という事で、大人気の杉山幹先生のパルペーションセミナーに空きが出ました!

クライアントさまの、痛み改善に、可動域向上、筋肉や関節の構造基礎理解、などなど。

 

何かの基本(カタ)を学ぶとき、先生選びはとても大切なポイントです!

高齢者の治療、一般の方のパーソナルトレーニング、アスリートのパフォーマンス向上など様々なクライアントさまを抱える先生ならではの情報は、一語一句聞き逃せない内容となります。

対象:トレーナー、理学療法士、作業療法士、ボディワーカー、セラピスト、ヨガインストラクター、ピラティスインストラクター、その他運動指導、徒手療法に関わる全ての方へ

●日時:

8月31日(土曜日)10時~17時

9月1日(日曜日)10時~17時

●内容:

1日目

ボディパルペーションを活用する筋コンディショニング(体幹/上肢)」

サブタイトル:「筋の触診」をベースに、筋の収縮が原因で起こる上肢のROM制限や疼痛改善にアプローチする内容です。

 

セミナー概要:パルペーション対象筋群(予定)

• 頸部筋群(SCM,斜角筋など)

• 小胸筋

• 肩甲挙筋

• 菱形筋群

• 僧帽筋

• 棘上筋

• 棘下筋

• 小円筋

• 上腕二頭筋

• 前腕筋群

• 広背筋

• 腹筋群etc…

 

2日目

 「ボディパルペーションを活用する筋コンディショニング (下肢)」

サブタイトル:「筋の触診」をベースに、筋の収縮が原因で起こる下肢のROM制限や疼痛改善にアプローチする内容です。

前回の内容に比べ、講義の部分を極力省き実技メイン(パルペーション&反射を使った抑制)の内容となります。

 

セミナー概要:パルペーション対象筋群(予定)

• 大腰筋

• 腸骨筋

• 縫工筋

• 薄筋

• 大腿筋膜張筋

• 大腿直筋

• 外側広筋

• 大内転筋

• ハムストリングス(大腿二頭筋・半腱様筋・半膜様筋)

• 梨状筋

• 腓腹筋

• 長母趾屈筋

• 腓骨筋群

• 後脛骨筋

• 膝下筋

• 大臀筋

 

 

※上記の概要はあくまで予定であり、変更の可能性もあ

ります。

 

※内容はあくまで筋のパルペーションをベースとして

※上記の概要はあくまで予定であり、変更の可能性もあ

ります。

 

※内容はあくまで筋のパルペーションをベースとしています。

 

※基本的には服の上から筋を触っていき  

  ますが、出来る限りの軽装をお薦めします。

●講師:

杉山 幹氏

日本で体育大学(体育学科)卒業後、フリーパーソナルトレーナー活動を得て渡米。

ノースダコタ州立大学大学院(アスレティックトレーニング学科)を卒業、アスレティックトレーナーの資格を取得する。メリーランド州モーガン州立大学ではアスレティックトレーナーとして主にアメリカンフットボール、陸上競技を担当。

日本に帰国後、プロ、アマチュアアスリートのパーソナルトレーニング(サッカー、陸上競技、ラグビー、クラシックバレエ、ダンサー等)やチームの帯同(アマチュア&プロスポーツチーム、国体東京代表等)、一般のスポーツ愛好家への機能改善を目的としたトレーニングを多数指導。パーソナルトレーナー活動他、トレーニング記事の翻訳、東京を中心にトレーナー向けセミナーなど、講師活動も行う。

・修士(アスレティックトレーニング)

・全米公認アスレティックトレーナー(ATC)

・NSCA認定ストレングス&コンディショニングスペシャリスト(CSCS)

・DNS認定DNSET

・ドライニードルセラピスト

・SFMA(ファンクショナルムーブメントシステム)認定トレーナー

・キネシオテーピング協会プラクティショナー他

●受講料:

38000円

●定員:

12名

●場所:

studio grande forêt(スタジオグランフォレ)

地下鉄御堂筋線 本町駅3番出口より徒歩5分

2019-08-29 | Posted in conditioning care, information, yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

二の腕引き締め

夏になり二の腕引き締めのご要望が多くなります笑

その部位を引き締める事っは比較的容易です。

セルライトがあれば冷えてしまう。冷えると脂肪の燃焼もしづらいので、

セルフマッサージ+運動+食事バランス

も大切です。

そして、やはり肩も股関節と同じでポジションが大事。内巻きになった肩や腕のポジションをより良い場所に戻すことからオススメしています。

Instagramにアップした動画

夏になり二の腕引き締めのご要望が多いです

首こりのお悩みは相変わらず多いNo.1

このエクササイズは体幹の安定で首の可動域が影響する事。

二の腕は内巻きでは使えにくいことが実感できます。

形を見れば簡単に見えますが深い意味のあるエクササイズ

お客様にはピラティスリングの貸し出しもしています。目標に向かって頑張ってるお客様。二の腕引き締め、背骨柔軟性、色々使えます。

つい、暑苦しく語ってしまいますが、これからもお付き合いよろしくお願いします。

2019-08-17 | Posted in yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

久しぶりに口だけでなく、カラダを動かした朝(笑)

眠っていた身体中のセンサーを目覚めさるのは

自分しかいないんですね

Awareness 意識・気付き

Breath 呼吸

Balance バランス

Concentration 集中

Center 中心

Control コントロール

Flow 流れ

Harmony 調和

自分らしく、健やかに動ける。毎日が、ちょっと快適になる。

grande forêtは、そんな日常を取り戻す、ココロとカラダづくりを目指します🌿

2019-08-11 | Posted in yoga/pilates/conditioningComments Closed 

 

PMS

昨日、久しぶりにお花を買いました

あとひと踏ん張りのサポートを植物に甘えてみたい気分になったんです(笑)

目と嗅覚からの癒し

 

夜、首のコリと背骨の硬さが辛そうなお客様にコンディショニングケアで身体に触れさせていただいた時

『何かこの数日イライラしてたんです』

と正直な気持ちを伝えてくれました

背骨や背中の筋肉の強張りは何が原因かなぁ?と思ってた時の本音

『うんうん。ありますよね。月経前?』

『そうなんです』

明らかにPMSでした。

女性はホルモンの影響を受けやすい生き物

女性として、恋人、妻、母親、職場の立場、様々な役割が待っている中、健康とバイタリティを維持しなければいけない毎日

ホルモンの影響を受ける不調は、生活の見直しを教えてくれるメッセージだと思います。

PMSは月経前1〜2週間前から起こる不調で、むくみ、頭痛、肩こり、便秘、イライラ、眠気などさまざま。

プロゲステロン分泌不足が原因とも言われ、普段の食事や生活習慣、セルフケアでバランスとリズムを整えておけば軽減が可能。

あとはストレスケア。

簡単にストレスケアをするならアロマスプレーをハンカチにするのも良いですよ。

スーッと吸い込めるので癒されます

周りに迷惑かからなければ、空間にスプレーをしたりディフューザーで芳香するのもお勧めです。

ちなみに、私は今ローズな気分で、空き時間はお花に鼻を近づけて癒されてます〜

植物に敬意を払って大切に愛でたいと思います

以前の女性ホルモンのブログはこちら

女性ホルモンを知る

女性ホルモンを知る~フィトテラピー~

女性ホルモンを知る身体の仕組み

女性ホルモンを知る~栄養編~

2019-08-08 | Posted in aroma, yoga/pilates/conditioning, 植物療法Comments Closed